iPhone 8 PlusをLightning – USB-CケーブルとPower Delivery対応ACアダプターを使うと「30分で50%の高速充電」は本当だった

  • ブックマーク

iPhone 8 Plusは、高速充電に対応しています。

付属のちいさなUSB ACアダプターではなく、容量の大きなACアダプターとLightning – USB-Cケーブルを組み合わせることが、この高速充電モードには必要です。

朝に起きたらバッテリーが残り30%を切っている

今朝目覚めたときに、iPhone 8 Plusを見ると、本来は充電していたはずなのに、充電できていませんでした。

バッテリー残量は30パーセントを切っています。出かけている間にバッテリー切れになってしまいます。

家を出発するまでの限られた時間で、この高速充電モードを思い出しまして、試したら、Appleの「30分で50%の高速充電」「iPhone 8 – 仕様 – Apple(日本)」の注釈9にて書かれています。が本当でした。

出かける前にiPhone 8 Plusのバッテリーが満充電にできて助かりました。

1時間の充電で97%

下は、8時16分の充電スタート直前のスクリーンショットです。

バッテリーは残量30%ぐらいです。

これを高速充電モードにて1時間充電したのが、下の写真です。

97%になっています。

充電につかったアイテム

iPhone 8 Plusの高速充電モードに使ったアイテムはこちらです。

Appleの仕様に書かれている高速充電モードの条件に、ACアダプターは29W USB‑C電源アダプタとあります。

このアダプターは12インチMacBookの付属と同じです。これより出力容量が大きいAppleのUSB-C電源アダプター61W USB-C電源アダプタ – Apple(日本)Apple 87W USB-C電源アダプタ – Apple(日本)でも対応している様子です。

今回は、USB-C Power Delivery第747回:USB PDとは – ケータイ Watch Watchに対応と明記されているAnkerの製品を使い、高速充電モードとなることを確認しました。

ケーブルは、Apple 純正のLightning – USB-Cケーブルを使いました。USB-CケーブルもPower Deliveryに対応している必要があります。

どのケーブルが対応しているのか?と探すより、純正ケーブルを選ぶほうが確実です。USB-CポートのMacと接続してテザリングするにも便利です。

散財したアイテム

最近の散財はこちら!

出張に便利そうなコンセントを買った!塩は、ぬちまーす。

【WordPressブログ スタートアップ講座 開催決定しました】

11月3日 祝日 水曜日
・10時から18時
・Kitchen Bee(4名)とオンライン(4名)のハイブリッド開催です。
お申し込みページはこちら

12月30日  木曜日
・10時から18時
・Kitchen Bee(4名)とオンライン(4名)のハイブリッド開催です。
お申し込みページはこちら

オンラインのスタートアップ講座、気になっていたけど、4日間に分かれていて、スケジュールが、、というあなた。オンラインでも1日でOKなスケジュールを作りました。

ぜひ、この機会に、情報発信の母艦を一緒に作りましょう。

また、「ブログをスタートしたい」という方に、すごく良い講座あるよっと、ご紹介いただけると、飛び上がって喜びます。

よろしくお願いします。

(なお、リアルの会場は、Kitchen Beeにて人数を制限し、感染症対策を行って開催します。)

追伸、

また、11月3日の19時から20時の1時間、ものくろキャンプ交流会を開催します。こちらは、少人数ですが、Kitchen Beeのお席もご用意できる予定です。

オンラインとハイブリッド開催しますので、オンライン参加も大歓迎です。イベントを立ち上げますが、まずは、カレンダーに丸印を!

ブログスタートアップ講座のお申し込み告知ページを見逃したくない!という方は、下のメールマガジンにご登録ください。

お申し込み開始時にご案内をお送りします。

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

テストテスト