iPhone 7Plusで文章を書くなら身につけたい3D Touchで自在にカーソル移動と範囲選択、感動する便利さ

「3D Touch」 で自在にカーソル移動と範囲選択

iPhoneで文章を書くときの弱点が、カーソル移動と範囲選択だった

iPhoneにて文章書いているときに、面倒でやりにくい作業が、文字入力位置の「カーソル」を前後に移動させたり、文章中の単語を選択しコピーや切り取りすることでした。

つまり、文章をざっと書いた後の編集作業がやりにくいと感じていました。

3D Touchでこの不便さが解決されている

ところが、iPhone 7Plusを使うようになり、3D Touch機能を使えば、Macのトラックパッドと同じように、気持ち良くカーソルの移動や範囲選択の操作を行えます。

iPhone 7と6Sシリーズのみ

この3D Touchは、iPhone 7・7Plus、もしくはiPhone 6S・6SPlusに限られますが、文章を書くのには、便利な機能です。このために、機種変更する価値があります。正直、iPhone 6Sの買い替えをしなかった1年間の時間がもったいなく感じます。

カーソル移動

ギュッと押すとモードが切り替わる

カーソル移動は、キーボードの表示部分を「強くギュッと押します」すると、キーボードの文字表示が消えます。この操作を3D Touchでは『プレス』と言います。

そのまま指を動かすと、自在にカーソルが移動します。フリック入力、ローマ字入力、英数入力どれでも、同様に操作できます。

動画で説明

( ↓ タップすると再生されます。)

範囲選択

ギュッと押して、一瞬、指先を緩めるのがポイント

文章の一部を範囲選択するには、先ほどのカーソル移動のギュッと押し込む(3D Touchのプレス)操作を行い(キーボードの文字が消えて)カーソルが移動するようにし、範囲選択のスタート位置までカーソルを移動させます。

スタート位置に移動したら、そこで「一瞬、指の力を抜き、すぐにもう一度「ギュッと押し込み」ます。

すると範囲選択できるようになり、指を動かして範囲選択します。

範囲選択ができた後は、選んだ部分をタップすることで、コピーや切り取りなどの操作ができます。

動画で説明

( ↓ タップすると再生されます。)

3D Touchの感度を弱にした

この3D Touchのギュッと押したり、ちょっと力を抜いてからギュッと入れる操作で、画面を指で押し込む力加減は「弱・中・強」の三段階で調整できます。

調整するには「設定」アプリを開き、「一般」、「アクセシビリティ」、「3D Touch」と開き、ここのスライダーで調整します。また、ここで3D Touchがオフになっていると、この機能は使えなくなりますので、ご注意です。

iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus で 3D Touch の感度を変更する – Apple サポート

好みもあると思いますが、やりにくいと感じたら調整してみてください。ものくろは「弱」に設定しています。

そういえば、iPhone 7Plusはイヤホンジャックが無くなりまして、無線で繋がるヘッドホンを買おうかなぁと興味津々です。

こちらの記事もいかがでしょうか?

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
z. 整理中, 面白いの見つけました
について読む