iPhone 7Plus を購入後、使い始めて、すぐに設定変更した3つのポイント

iPhone 7Plusを手にいれて使い始めました。今まで2年、使っていた iPhone 6Plus(Sじゃない)のデータは移行せずに、購入時のクリーンインストール状態から手作業で、アプリを導入しています。

iPhone 7Plus の一番大きな魅力は、キビキビした動作速度です。ホームボタンであれ、タッチスクリーンであれ、指を置いたり動かして「こうしたい」という意図がキュッキュッと気持ちよく操作できます。

手にしてすぐに変更した3つの設定

さて、そんなiPhone 7Plusですが、使い始めてすぐに、下の3つの設定を変更しました。

  1. フリック入力のみ
  2. AssistiveTouchの最上位レベル メニューを消音に
  3. ホームボタンのショートカットにAssistiveTouch

img_0006

かな入力をフリックのみへ

日本語入力のフリックキーボードが初期設定では、いわゆる「携帯打ち」になっています。『ああなるほど』と入力しようとしたら、『ああ』が『い』になってしまいます。

このままだとフリック入力がやりにくく、スムースに文章が綴れません。

設定アプリをタップして開き、メニューの「一般」、次の画面「キーボード」、真ん中あたりにある「フリックのみ」をOFFからONへ変更です。

これでスムースにフリック入力できます。(この設定を知らないと、フリック入力はやりにくい入力方法と感じます。)

img_0007

AssistiveTouchの最上位レベル メニューを消音

iOS10のバグ?らしい、カメラのシャッター音を消す設定です。

設定アプリをタップして開き、メニューの「一般」、そして「アクセシビリティ」をタップします。次の画面を下にスクロールして「AssistiveTouch」をONにし「最上位レベルのメニューをカスタマイズ」をタップして進みます。

「カスタム」以外をマイナスボタンを押して消し、「カスタム」をタップして「消音」を選びます。

img_0008

ホームボタンのトリプルタップ ショートカットをAssistiveTouchに設定

上のAssistiveTouchを使っていると、画面上に常に「ホームボタン」が表示されます。これを必要な時のみ、呼び出すのが「ホームボタンのショートカット」です。

ショートカットはホームボタンを3回、カチカチカチとクリックします。iPhone 7Plusだと物理的なスイッチがなくなり、安心して連打できます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています

iPhoneの充電用(ライトニング)ケーブルは結構な頻度で断線して、充電できたりできなかったりと、挙動が不安定になります。

断線しにくいということで使っているのが、こちらです。購入して半年以上使っていますが、硬めのケーブルで安心感があります。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら