Leitz Phone 1 を2ヶ月使ってみての感想は「手のひらにモノクローム」がある感覚

  • ブックマーク

勢いだけで手に入れた Leitz Phone 1

林檎教信者(アップルユーザー)なので、日常のスマホでは、全くLeitz Phone1は使っていない。

そして、だいたい2ヶ月使ってみて感じたのが、iPhoneのカメラのように、オールマイティーじゃないし、「あっ今だ」というシャッターチャンスにも弱い。

ただし、じっくりカメラを構えて、シャッターを切る。

この気持ち良さは、iPhone12 ProMax 以上だ。シャッターを切った時に、失敗だなぁという写真になるのも含めて。iPhoneだと、失敗させてくれない。

じっくり向き合って、モノクロームで表現するのが、ピッタリなカメラだ。

カメラにおまけで、アンドロイドOSが入っている、それが、Leitz Phone1。

以下の写真は、Leitz Looksモードにて撮影の撮って出しだ。

加工なしでも、しっとりと銀塩の雰囲気が出ているのが好きだ。

モノクロームだけでなく、カラーでもしっとりとした描写を楽しめる。

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。