ipad

ipad 発売当日に手にしました。
素直に 革新的なドキドキを感じました。

去年、e-inkに恋をしkindleを衝動買いしました。
そのときから、appleからタブレットmacが出るとうわさ
されていました。kindleのオーダーをしたときに、macタ
ブレットは買わないぞと、きっとmacがタブレットになって
いても、windowsユーザーだから、大丈夫、欲しくならない
と考えてました。

このときに大事な事実を見逃していたのです。

  • iphoneユーザー。
  • Mac のOSを実際に操作しことはあり、創造性あふれるmac osは
    魅力的だった。(ただ仕事を進めるには、Windows PCであることが
    必要だった。)

これらをきちんと考えていたら、絶対欲しくなるよねと。
予約開始日の朝にきっちり、予約しました。

そして 5月28日夜に、くろねこさんが大事に運んで着てくれました。

ダンボールの箱です。amazonとちがい、外箱はシンプル。
逆に意外でした。また、とても軽く感じます。(空じゃないよね 。)


ダンボールをあけると、うわさの化粧箱。
ドキドキしながら、ビニールを破ります。

箱open。

想像より小さい。そして軽いです。
重いとの批判の声ですが、えっそうなのが素直な印象。

iphoneと同じく、最小限のマニュアル。読む必要なく使えるからと
主張しています。

純正カバーもかっこいい箱です。これにもドキドキします。

そしてついにリンゴマークと対面です。
かっこよすぎ。デザインにもやる気があふれています。好きです。
この感じ。
保護ビニールをはがします。

電源ケーブルもapple調です。デザインにブレがなく隙もないです。

電源投入。
すると黒い画面にシンプルに、itunesとシンクしなさいと表示。
単体では完結しないことをあえて、始めにアピール?。
となると、ipadで一番難易度が高いのは itunesのインストールかもと
妄想してしまう。
初回のシンクは時間が必要。あせる気持ちを抑えて、がまんです。

そしてシンク完了後。
画面を見て、綺麗と思わずため息です。
早速、シンクした写真を見ようと思うと、シンクし忘れていた。orz
itunesのミュージックがすべて同期されていたけれど、そんなに一度に
楽しむ性格じゃないこと、16GBモデルなので(<-これが一番)ミュージッ
クは必要最小限にして、容量を確保して。もう一度シンクさせました。

写真を見て、あっこれで写真をカメラ屋さんでプリントすることが無くなっ
たなぁと、IPS液晶綺麗です、しかも誰でも表示させれるUIも秀逸です。
当然デジタルフォトフレームもいらない。この分野の製品はかなりあれかも
です。今後は。

まずはここまでです。
(ふだん筆不精のブログを更新するくらいショックは大でした!)

この記事を書いた人