ブログをほぼ毎日更新していて、言葉を形にしています。大好きだからです。

 

言葉の力は素晴らしく、ブログで言葉を発信することを意識した三年前と比べると、生き方自体が変わりました。

ブログだけで経済的に暮らしているわけでは無いけれど、間違いなくブログに積み重ねてきた文字、言葉、文章が軸になっています。

そして、自分らしく生きることへ挑戦しています。

ブログが紹介されると、うれしい!

そんな中、ブログがなんかたくさん紹介して頂きまして、本当にうれしい出来事でした。

北九州にフェリーで行ったときに美味しくって感動した、原材料に「最幸のおもてなし」が含まれているよつばドーナツさんの口コミに掲載されまして、ビックリ。

大雪の第一回 ブログワークショップに参加して頂き、ブログの学びを得たこと(ブログを続けることで私がお世話になっている8名の先輩を紹介します – グリーン カピバラ Green Capybara)を、しげっちさんのブログ グリーン カピバラ Green Capybaraさんに紹介頂きました。

ブロガーズフェスティバルの去年の雰囲気や関連情報が参考になるよ(300人規模のブログのお祭り「ブロガーズフェスティバル」でLT(5分間スピーチ)します! 週刊モンハコ 2014/8/10~2014/8/16 | モンハコ)と、ブログ モンハコ さんに紹介して頂き、伝えたいことが伝わっている!と実感して涙しています。

そして、スタートアップしたメールマガジンについて(ブロガーがどんどんメルマガやサロンを始めていく | ogatism)、ブログ ogatismさんからコメントを頂きました。感謝です。

ほんとうにありがとうございます。こんなに多くの人へ言葉を伝えられるブログ、素晴らしいです。でも3年間は、とてもそんな状態じゃなく、ひとりぼっちでした。

険しいだけの人生ではツライ

人生を生きることが険しく厳しいだけでは、ツライです。いや、そんなものなんかもなぁと、三年前のものくろは思ってました。

研究者を目指すもの911テロの影響で留学が白紙、博士課程の計画が白紙に戻って、行き場を失って中退するし。真面目にサラリーマンを9年働いていたら、働きすぎて(大きな案件まとめてました)体を壊して解雇されて。笑

人生、波乱万丈をおもっきりやっちゃいまして、そりゃ、、あれです。しかも、35歳超えてるし。

そんな、いままでの感覚だと、人生やり直し出来ないだろうなぁという状況でした。

今まで感じたことがない可能性に気づいた瞬間

で、そんな時にブログに気づきました。

それまでのブログは遠く離れた友人へ連絡するために書いていたんです。そんなブログなのに、全く会ったことがない人が、月に50人も!訪れて読んでいることに。

鳥肌ですよ。

だって、ほとんど失ってですね。一年間に10人くらいしかリアルの世界で会ってないのに。

そこで、読んでもらえたら、自分を知ってもらえたら、、というのが、スタートです。

文章の上手い下手でなく、伝えることが出来る可能性に惹かれました。お陰様で多くの方に読んでいただいてます。これほどテーマがないブログも珍しいかと思います。

自分の感じたこと、つまり、生きていることを、文字にしてログにするって、素晴らしいなぁと。

その想いなので、テーマを絞っていません。もうすぐ投稿数が 2,000 になります。いままで通り、マイペースな更新に変わりはないのですが、こんな自分の経験をブログに活かしたいと、考えています。

『ことばの力』で人生を変化させる

このものくろぽっくすって、、どんなブログ?という点に対して、最近になって見えてきたことがあります。

『ことばの力』で人生を変化できることを証明したい。

これを軸に、親指シフト、文章術、ブログノウハウ、を発信して行こうと、意識をきちんと明文化しておきたいなと。

2,000エントリーぐらい書いてみてわかったんですが、内部リンクが張りやすいです。単一のエントリーだけでなく、塊として情報を発信したいです。

あなたの知りたいに答えていければ、、と、壮大な夢を目指してます。

関連記事

[amazonjs asin=”B00DLVF3HU” locale=”JP” title=”ブログ飯 個性を収入に変える生き方”]

[amazonjs asin=”4046012331″ locale=”JP” title=”大人のための書く全技術”]

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
やってみました
について読む