MacのBootCamp環境でのWindows7 やまぶきR + SharpKeys を使って親指シフトを実現

MacのBootCamp環境にインストールしたWindows7にて、やまぶきRを使って親指シフトでの、日本語タイピングを実現したいときに困る点があります。

ものくろの場合、親指シフトの「左親指キーをスペース・右親指キーをかなキー」とする設定にしています。ところが、スペースキー隣の「かなキー」が標準設定ではうまく設定できません。

BootCamp環境のWindowsでの「かな」キーを、やまぶきRが認識できる「変換キー」に置き換える必要があります。これを解決するために「SharpKeys」をインストールして、キーの設定を書き換えて解決しました。なお、SharpKeysはレジストリーを書き換えますので、バックアップを行った上で、注意して作業してください。

SharpKeys

下のサイトからインストールパッケージをダウンロードして、アプリを導入します。PCの再起動が必要になりますので、注意してください。

SharpKeys 3.5の「MSI」ファイルを使いました。インストール・再起動後にデスクトップにアイコンが表示されますので、そこから起動します。

キー設定を変更

sharpkeys

アプリを起動したら、ウィンドウ左下にある「Add」をクリックします。すると、難しいそうなキーコードがばーっと並んだウィンドウが開きます。そのウィンドウの Map this key (From key)の下にある「Type key」をクリックします。

すると、キーを押すように促されます。そこで「かなキー」を押すと「00_70」が選択されます。

次に、置き換えるキー設定を行います。右のカラムにある「To this key (To key)」の中から「Unknown 0x0079 (00_79)」を選び、下にある「OK」を押します。00_79のキーコードが「変換キー」に相当します。

後は「Write to Registry」をクリックすると、レジストリが書き換えられ、PCを再起動します。BootCampのWindowsにて、Macキーボードの「かなキー」が、 Windowsの「変換キー」として動作します。

後は、やまぶきRの右親指キーの設定を「変換キー」にすることで、親指シフトタイピングが可能になります。

Windows8の場合についてはこちらのエントリーにまとめています。

  • [箱] 【親指シフト】Mac BootcampでのWindows8環境でのやまぶきRの設定方法 | [箱]ものくろぼっくす → https://mono96.jp/?p=23635

参考サイト様

こちらの情報が役立ちました。感謝です。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

広告

あわせて読みたい

記事のタイトルとURL をコピーする!

広告

新着記事

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)

ブロガー/Web&Blogコーチ/親指シフト orzレイアウト開発者/ものくろキャンプ運営。のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

Facebookを使うノウハウ公開中

農家・フリーランス・経営者向け SNS使いこなしセミナー (2018年1月版)の内容を全文公開中!

無料 メルマガ発行中

運営しているものくろキャンプの講座・イベント開催情報や、ちょっと役立つ情報をお届けしています。

ほぼ毎日発行しています。

Web・Blogコーチのご依頼はこちら

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。

  • Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
  • Webのテクニカルな改善でお悩みの方
  • アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
  • 親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みも見つけます。

ダイレクトにアドバイス。そして、ご自身の問題解決力を手にしていただく時間を。このブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

ものくろキャンプ Web・Blogコーチ セッション

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ものくろキャンプ イベント案内

ものくろキャンプの開催スケジュールはこちら

広告