フリーランスの道具箱

iPhone 6Plus 大きな画面のメリットはスクリーンショット

2014年10月にiPhone 6Plus(ドコモキャリアバージョン)を中古で購入して、4ヶ月経ちました。大きな本体でも、ズボンの前ポケットに入れられるサイズなので、楽チンに持ち歩けます。

  • まったくオススメできないiPhone 6 Plusの買い方(いきなり中古) | [箱]ものくろぼっくす → https://mono96.jp/?p=24126

大きな画面に慣れて、iPhone 5sにはもう戻れないと感じていますが、「あっ」と気づいた大きな画面のメリットがあったので、文章にしました。iPhone 6Plusの画面はどうなのか?ということに参考になると思います。多分。

広告

iPhone 6Plus 大きな画面のメリット

それはスクリーンショット

タイトルで言ってますよね。はい。この大きな画面でスクリーンショットを保存すると、1枚の画像に保存できる情報がたくさんなのです。これが予想以上に便利なのです。iPhone 5sでは、1枚に収まらずに、画面をスクロールして2枚「カシャ」としていたのが、iPhone 6Plusだと1枚に収まります。これがいい感じです。

Evernoteに保存すると

このスクリーンショットをEvernoteに保存すると、文字の部分が検索できるようになります。「あーあの写真、、えっーと、、」と探すのが、すこぶる便利です。

カシャって音が消えたらいいのですが

悩みはiPhone 6Plusの大きなボディだと、スクリーンショットを撮影した時に鳴る「カシャッ」という音が、iPhone 5sよりも大きいことです。スクリーンショット撮影の時は、カシャとなるシャッター音をオフにしてくれると嬉しいのです。

これじゃ、電車でスクリーンショットを保存できないわけでして。

iPhone 6Plus 大きな画面のメリット スクリーンショットがいい感じ

2ヶ月に1度のペース

ちなみに、4ヶ月で2回落としました。2ヶ月に1回のペースで落としています。ドキドキ。そのうちの一度は、角から見事に落としました。純正ケースをしていたので、本体は無傷でしたが、ケースは痛みました。ものくろ の心はもっと痛みました。

広告

もっと
d. デジタルなツール
について読む


この記事を書いた人 :

profile2016autumn

ブロガー・Web&Blogコーチ・親指シフトユーザー・orzレイアウト考案者。WordPressが得意。HTML・CSS・PHPも熟知し広範囲の知識を持つ。ブログは年間 1450記事を更新した経験も(2013年)。

誰でもインターネットを活用できる時代だから、頭でモヤモヤしている「こんなのを実現したいなぁ」を引き出して形にし実現させるお手伝い、そして、インターネットを上手に使えるようにサポートするのが得意です。

iPhoneやAndroidなどのガジェット、デジタルだけでなく文房具などのアナログなツールも大好きです。写真や旅を楽しむこと、おいしいお食事、楽しい・ワクワクすることが大好きです。

Twitterやfacebookでも情報発信中、よろしければフォローしてください。



Instagram
follow us in feedly

ご依頼・講座開催情報はこちら

ブログ・情報発信でお困りごと、モヤモヤ、解決。あなたのステップアップをサポートしています。

広告

情報発信コンサルティング・コーチ

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。
・Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
・Webのテクニカルな改善でお悩みの方
・アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
・親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みもダイレクトにアドバイス。ブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

うまく表示されない時は
こちらをご覧下さい。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

こちらの記事も役立ちます
follow us in feedly