iPhone 6Plus 大きな画面のメリットはスクリーンショット

  • ブックマーク
  • Feedly

2014年10月にiPhone 6Plus(ドコモキャリアバージョン)を中古で購入して、4ヶ月経ちました。大きな本体でも、ズボンの前ポケットに入れられるサイズなので、楽チンに持ち歩けます。

  • まったくオススメできないiPhone 6 Plusの買い方(いきなり中古) | [箱]ものくろぼっくす → https://mono96.jp/?p=24126

大きな画面に慣れて、iPhone 5sにはもう戻れないと感じていますが、「あっ」と気づいた大きな画面のメリットがあったので、文章にしました。iPhone 6Plusの画面はどうなのか?ということに参考になると思います。多分。iPhone 6Plus 大きな画面のメリット

それはスクリーンショット

タイトルで言ってますよね。はい。この大きな画面でスクリーンショットを保存すると、1枚の画像に保存できる情報がたくさんなのです。これが予想以上に便利なのです。iPhone 5sでは、1枚に収まらずに、画面をスクロールして2枚「カシャ」としていたのが、iPhone 6Plusだと1枚に収まります。これがいい感じです。

Evernoteに保存すると

このスクリーンショットをEvernoteに保存すると、文字の部分が検索できるようになります。「あーあの写真、、えっーと、、」と探すのが、すこぶる便利です。

カシャって音が消えたらいいのですが

悩みはiPhone 6Plusの大きなボディだと、スクリーンショットを撮影した時に鳴る「カシャッ」という音が、iPhone 5sよりも大きいことです。スクリーンショット撮影の時は、カシャとなるシャッター音をオフにしてくれると嬉しいのです。

これじゃ、電車でスクリーンショットを保存できないわけでして。

iPhone 6Plus 大きな画面のメリット スクリーンショットがいい感じ

2ヶ月に1度のペース

ちなみに、4ヶ月で2回落としました。2ヶ月に1回のペースで落としています。ドキドキ。そのうちの一度は、角から見事に落としました。純正ケースをしていたので、本体は無傷でしたが、ケースは痛みました。ものくろ の心はもっと痛みました。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら