Zoomでオンラインお見舞いをやったら 喜んでもらえた

  • ブックマーク

クライアント企業様の社長が、痛めた関節治療のため入院された。

個室の病室のため、PCを使えてインターネットに繋がる環境と知った。

(私も、会社員時代の昔、盲腸で入院したときに、個室の病室を割り当ててもらい、ノートPCでAccessのVBA開発をカタカタやっていた記憶がある)

Facebookメッセンジャーで連絡を送ると、「Zoom大丈夫」とお返事をいただき接続して、オンラインにてお見舞いを行った。

新型コロナウィルス対策のため、病室へ家族の方でも立ち入りはできない様子とのこと。(まったく関係ない関節の治療でも、そうなるのだなぁと)

そもそも物理的には遠く、御見舞いに行くことが難しい距離があるが、Zoomのオンラインでカンタンに接続できて、他の人と会話することも少ない状況だったそうで、嬉しいと喜んでもらうことができた。

Zoomで御見舞い、アリだなぁと感じたエピソードだった。

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役