フリーランスの道具箱

Googleカレンダー API Key 取得・設定方法、サイトにカレンダー連携表示するときに必要

はじめにプロジェクト名を設定

Googleカレンダーをサイトやブログに連携表示するときに必要となる「API Key」の取得・設定方法です。2015年7月20日 現在の状況を元にまとめています。Googleの仕組みはよく変更となるので、ご注意ください。

Google API Keyを取得するには、Googleにログインした上で、Google developers consoleを開きます。

はじめにプロジェクト名を作成します。この名前は自由(例えば Googel-cal など)に設定してOKです。しばらくすると、画面が切り替わります。ここの画面切り替えには少し待つ必要があります。

広告

アプリ内で使用する Google API の有効化

画面が切り替わったら「アプリ内で使用する Google API の有効化」を開きます。

スクリーンショット 2015-07-20 0.18.14

左のメニューが下のように「API」になっていることを確認します。

API

Calendar APIを有効化する

右のAPIを検索となっているテキストボックスに「cal」と入力します。

スクリーンショット 2015-07-20 0.26.25

表示された「Calendar API」 をクリックすると、「APIを有効にする」とあるので、クリックして有効にします。

スクリーンショット 2015-07-20 0.26.33

次に左のメニューの「認証情報」をクリックして開きます。

スクリーンショット 2015-07-20 0.26.45

API サーバーキー を作成する

「公開APIへのアクセス」の「新しいキー」をクリックします。

スクリーンショット 2015-07-20 0.28.04

「新しいキーの作成」にて「サーバー キー」をクリックします。ここは、用途によって選択が変わりますが、今回はサイトへの連携なので「サーバー キー」を選びます。

スクリーンショット 2015-07-20 0.28.12

サーバー キーの作成と許可対象IPアドレスの設定です。状況に合わせて、IPアドレスを設定できますが、今回は制限なしで作成しました。

スクリーンショット 2015-07-20 0.28.19

これで API Key (画像では黒塗りになっています) を取得できました。

スクリーンショット 2015-07-20 0.28.30

広告

もっと
b. ブログで情報発信
について読む


この記事を書いた人 :

profile2016autumn

ブロガー・Web&Blogコーチ・親指シフトユーザー・orzレイアウト考案者。WordPressが得意。HTML・CSS・PHPも熟知し広範囲の知識を持つ。ブログは年間 1450記事を更新した経験も(2013年)。

誰でもインターネットを活用できる時代だから、頭でモヤモヤしている「こんなのを実現したいなぁ」を引き出して形にし実現させるお手伝い、そして、インターネットを上手に使えるようにサポートするのが得意です。

iPhoneやAndroidなどのガジェット、デジタルだけでなく文房具などのアナログなツールも大好きです。写真や旅を楽しむこと、おいしいお食事、楽しい・ワクワクすることが大好きです。

Twitterやfacebookでも情報発信中、よろしければフォローしてください。



Instagram
follow us in feedly

ご依頼・講座開催情報はこちら

ブログ・情報発信でお困りごと、モヤモヤ、解決。あなたのステップアップをサポートしています。

広告

情報発信コンサルティング・コーチ

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。
・Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
・Webのテクニカルな改善でお悩みの方
・アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
・親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みもダイレクトにアドバイス。ブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

うまく表示されない時は
こちらをご覧下さい。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

こちらの記事も役立ちます
follow us in feedly