RX-100M3のホールド性を1500円でグッとアップするアイテム(アタッチメントグリップ AG-R2)

  • ブックマーク
  • Feedly

カメラと同時に購入

SONYのコンパクトカメラ RX-100M3を購入したときに同時に購入したのが、アタッチメントグリップ AG-R2 です。

RX100M3にグリップを装着

コンパクトな本体のRX100M3なので、逆にホールディングしにくい面もあります。この弱点を解決するのがこのアイテムです。どうして、初めから取り付けて販売していないのか?なぁと思います。

デザインも良い感じ

このグリップを取り付けても美しいデザインは損なわれないと感じます。そして、右手の中指と薬指がこのグリップをちょうど掴む形になって、持ちやすくなります。

RX100M3にグリップをつけたところ

取り付けは両面テープ

このグリップの部品は両面テープで貼り付けて固定します。貼り付ける場所に汚れや手の脂などが付いている時は、クリーニングペーバーなどを使い、拭いて汚れを落とします。

そして、両面テープを剥がさずに、一度、カメラの取り付け位置に当ててみます。RX100M3の場合は、カメラ本体の横の線がちょうど取り付け位置の目安になりました。なお、両面テープには「tesa」と印刷されていました。

カメラを取り出す時に安心感がグッとアップ

撮影時は、左手でカメラ本体の重さを支えるように持ち、右手は添えるだけなのですが、カメラを取り出す時などは、右手で取り出します。なのでこのグリップの存在がとても安定感を生み出します。

RX100M3グリップ装着

RX100M3グリップ装着 上から

通販で購入する場合は

下にアマゾンさんのリンクを貼っていますが、アマゾンさんの場合は到着まで日数が必要な様子(2015年9月現在)です。ヨドバシ.comさんの方が速く届くのでおすすめです。

もうひとつエントリーを読んでいかれませんか?

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら