ドメイン移管 Whois情報代理公開のままは実行できない

ドメイン移管を行う場合、Whois情報代理公開を解除し、Whoisに登録者情報を公開する必要がある。

意外と見落とされている部分なので、メモしておく。

実は、Whois代理公開していることに気づかずに、ムームードメインにてドメイン移管の手続きを行ったが、

このように、失敗のメールが到着しました。

「WHOIS情報が代理公開情報となっているため移管できません」と。

< 移管申請内容 >
===============================
■申請処理受付件数:0件


■失敗件数:1件

 example.com
WHOIS情報が代理公開情報となっているため移管できません。
現在のドメイン管理会社にご確認ください。

===============================

なので、

ドメイン移管を行う場合、Whois情報代理公開を解除し、Whoisに登録者情報を公開する必要がある。

  • ブックマーク

メルマガでは、ブログより ”ぶっちゃけ” 話を書いています(不定期)。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

この記事が良かった!時は、ぜひ、イイネください。記事を書く励みになります。

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。