涼宮ハルヒシリーズの原作者 谷川 流さんは親指シフトで原稿を執筆

Twitterで知った情報です。

人気ライトノベル「涼宮ハルヒシリーズ」の原作者である、谷川 流さんの執筆環境がTwitterで流れてきました。

原稿を、親指シフトで執筆されていることがわかりました。

使われているキーボードは、FMV-KB613のように見えます。

親指シフトは、速い、一音一打なので日本語の場合、自然な感じで入力出来る、等のメリットがある。

入力速度が速くもなるのですが、自然な感じで入力出来るメリットがあります。

自然な日本語を書けるメリットが、クリエィティブな創作活動に計り知れないパワーをもたらしてくれます。

FMV-KB613は、PS/2ポートが必要なキーボードなんですよね。実は、FMV-KB613も持っているのですが、PS/2をUSB変換すると動作しないので、本当に「見て眺める専用」になっています。

こちらの記事もぜひ一緒にお読みください。

 

 

 

この記事を書いた人