リモートアクセスデスクトップでiPad ProからMacにアクセスして親指シフトタイピングに挑戦したけど失敗

Smart Keyboardを装着した iPad Pro  にて、親指シフトのタイピングは現状できません。

なんとか、親指シフトで文字入力ができないか調べていた中で、ひょっとしたら可能になるかもと思ったのが、Macをホストマシンにし、リモートデスクトップアプリで接続する方法でした。

試行錯誤した結論は、この方法でも親指シフト入力ができませんでした。

iPad Pro のJIS日本語配列のSmart Keyboardにある「かなキー」を、リモートデスクトップアプリからホストのMacへ送信されないからです。

かなキーを押しても、iPad Pro のリモートデスクトップアプリの文字入力が日本語入力に切り替わるのみ、もしくは、ホストのMacにキー操作が届いても、スペースキーと認識されるのみでした。

これでは、親指シフトの同時打鍵の入力ができません。正確には、左手のスペースキーの同時打鍵はできるけど、右手の同時打鍵が入力できないという歯痒い状態でした。

補足ですが、リモートデスクトップアプリから、ホストのMacで日本語の文字入力する場合でも、iPadPro側は、英数モードで入力する必要がありました。

トライしたアプリはこちら

この記事は、PressSyncにてiPhoneで書いてます。