かえうちファームウェア 2.2 バージョンアップ Apple Magic KeyboardのUSB 接続で一部キーが認識されないトラブル解決

USB 接続キーボードのキーカスタマイズを自由自在にできるツール「かえうち」の新しいバージョンがリリースされました。

今回のファームウェア 2.2 へのバージョンアップは、Apple Magic Keyboardへの対応です。待ち望んでいました。

Apple Magic Keyboardは、Bluetooth 接続だけでなく、ライトニングケーブルにて USB 接続すると有線でもキーボード入力できます。

そこで、かえうちを使って、iPadProに接続して、親指シフトタイピングを行おうとしたのですが、cmdキーなどの修飾キーが、なぜか認識されず使えないトラブルに悩んでいました。

かえうちのユーザーサポートフォーラムにも、トラブル報告を投稿していたのですが、なかなか原因が特定できないとのことで、Apple Magic Keyboardを実用レベルでは使えない状態でした。

チャンスが訪れたのは、2018年6月上旬に開催されたHHKB ユーザーミートアップ vol.2 with 東プレに参加したことです。

かえうちの開発者である、うぇぶしまさんにお会いできました。

困っていたApple Magic Keyboardの話題を相談したところ、うぇぶしまさんの手元には、実機がなく検証環境がないことが問題の解決へのハードルとなっていることがわかりました。

じゃあということで、私の手元にあったApple Magic Keyboardを無理やり宅急便で送ってしまう勢いで、お貸しすることになりました。

Apple Magic Keyboardは、一般的なキーボードとは違う、Apple独自?な動作をしていることが判明したそうです。

その特別な挙動をするApple Magic Keyboardへ対策を行なったのが、今回のかえうちファームウェア2.2 のアップデートリリース。

お貸ししていたマジックキーボードは、宅急便さんの手によって私の家に向かって移動中です。手元に帰り次第、早速新しいファームウェアで設定して、使ってみます。

iPad Proでスラスラ親指シフトがタイピングできる、そう思うとワクワクしています。

アップデートに感謝です。

講座開催 ご案内
広告

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします