Apple Magic Keyboardとかえうちを組み合わせて、iPad Pro で親指シフトタイピングで文字が綴れています

これを5年前から夢見ていました。夢でなく現実で、今、iPad ProとMagickeyboardをくみあわせて、親指シフトで文章が書けています。

感動。

しかも、Macと全く同じ操作性が実現しました。これまでもiPadにて親指シフトタイピングは実現するアプリもありましたが、MacなどのPCと比較すると「何かの妥協」する必要がありました。

でも、今回のかえうちアップデートでの Apple Magic Keyboardは違います。Macとまったく同じ操作でスラスラとキーを指で綴り、今、思考のままダイレクトに書けています。嬉しい。

ありがとうございます。

かえうちのキー設定のカスタマイズにて、はまったポイントが、キーボードレイアウトがUS配列として認識されている点。

ホームポジション右手のバックスペースキーのカスタマイズするキー配置がエンターキーの上にある「スラッシュ」キーであることになかなか気づかず1時間ほど試行錯誤しました。

あと、今気づいたのだけど、@キーの場所もUS配列になっているので、明日にもう一度細かなチューニングを。

とはいえ、今、こうやってiPad Proでスラスラと親指シフトタイピングできていることに感動です。

この記事はPressSync(iPad)にて書きました。

講座 開催予定

この記事を書いた人