『親指シフトって何?見てみようの日』をやります!

2014年4月22日 18:00から21:00まで、大阪 阪急電鉄 十三駅すぐ JUSO Coworking さんにて、親指シフトってどんなものなの?という疑問にお答えする会を開催します。

親指シフトって何?見てみようの日 – JUSO Coworking

日本語入力方式の親指シフトを身近に感じてもらえるように。出入も自由ですのでお気軽にご参加くださいませ。

『指がしゃべる』

実際に入力する様子を見てください。

先日の直木賞受賞 姫野カオルコさんも親指シフトユーザーです。”親指シフト=速くタイピングできる”こともメリットですが、”日本語のリズムを崩さずに書く・綴ることができる”のが魅力です。ぜひ、ユーザーの親指シフトを知ってください。

場所はJUSOコワーキング

会場は JUSO Coworking にて、2014年4月22日 18:00から21:00です。

イベントは無料です。会場となるJUSOコワーキングさんへのドロップイン利用料金をご負担ください。途中参加・途中退出OKのイベントです。17:00までにいらっしゃる方は1,080円・JUSO Coworkingマンスリーメンバーの方は無料となります。また、ドロップイン料金にお茶・コーヒーは含まれます。

年に3回の習得にぴったりな期間があります

親指シフトを身に付けるにはポイントがあります。

  • 少しでもいいので毎日使う
  • 練習を習慣づけて継続する
  • 始めの期間(約1週間)は”親指シフト”のみの環境を作る

親指シフトを始めようと思う時には今までのローマ字入力を使わない期間を準備する必要があります。どんなにタイピング速度が遅くなっても、親指シフトを使うことが習得の近道です。社会人の方だと『そんな期間なんてないよ。仕事ができなくなるよ。』ですよね。

ところが年に3回のチャンスがあります。年末年始休暇・夏季休暇・ゴールデンウィークです。7週間ほどの休暇期間を利用することはいかがでしょうか?

ゴールデンウィーク前のタイミングに開催しますので、ご相談ください。

参加登録はこちらから

ものくろと親指シフト

親指シフトユーザー、入力方式の魅力に惚れ、参加する勉強会・セミナーの2次会では親指シフトのプレゼンテーションを10数回以上開催、IT関係プレゼンテーションイベントでも『親指シフト』に関して発表してきました。

特に、通常の日本語キーボードでも快適な親指シフトタイピングを実現する『Orzレイアウト』開発者です。その独創的なアイデアを形にしたことでMacPeopleに掲載され、Orzレイアウトは親指シフトユーザーの皆さんから高い評価を得ています。

参加した多数の勉強会・ワークショップ・セミナーにて、親指シフトを実演し魅力を伝え続けてきました。Orzレイアウトのメンテナンスも継続しています。

告知記事

親指シフトって何?見てみようの日 – JUSO Coworking

関連記事

講座開催 ご案内
広告

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします