Surface Pro 2のタッチカバー2キーボードでやまぶきR orzレイアウトの親指シフトで一部文字が入力できない場合はDvorakJ

Surface Pro2でやまぶきRで親指シフトのときに一部文字がタッチカバーキーボードで入力できない

Surface Pro2(Windows8)にて、やまぶきRを使いorzレイアウト定義ファイルの親指シフト入力を行うと、下の一部文字が入力できない症状と出会いました。

英数モード(日本語入力OFF)にて

  • ^
  • @
  • :
  • /

日本語入力ONモードにて

  • ホームポジション右横のBackSpace(親指シフト配列「ん」の右隣)


日本語入力OFFの場合と日本語入力ONの場合と共通しているのが、キーボードの右端キーという点です。

タッチカバーキーボード

やまぶきRのレイアウト定義ファイルを調整するも改善せず

やまぶきRのレイアウトフォルダに配置しているorzレイアウト定義ファイルの設定を書き換えて設定再読込を試しましたが、定義ファイルの文字を色々と変更しても反映されません。

なお、やまぶきRのバージョンは2015年9月上旬現在の最新版である「Ver. 1.11.1」です。

違うPC(レッツノートRZ4)では入力できる

同じバージョンのやまぶきRとorzレイアウト定義ファイルを違うPC(レッツノートRZ4)にて試すと、トラブルを起こしている文字がすんなり入力できます。のホームポジション右横の「BackSpaceキー」も問題なく使えます。

2つのPCで比較

どういう理由なのか?は見つけられませんでしたが、Surface Pro 2のタッチカバー2キーボードとやまぶきRの相性問題?なのかもしれません。

親指シフトのエミュレータアプリをDvorakJにしたら改善できた

親指シフトのエミュレータアプリをやまぶきRからDvorakJに変更し、orzレイアウト定義ファイルを設定したところ、この一部キーが正しく入力できないトラブルが解決しました。

Surface Pro シリーズのタッチカバーキーボードを使う場合は、DvorakJの方がトラブルなく親指シフトのorzレイアウト環境を構築できます。

もうひとつエントリーを読んでいかれませんか?


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

広告

あわせて読みたい

記事のタイトルとURL をコピーする!

広告

新着記事

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)

ブロガー/Web&Blogコーチ/親指シフト orzレイアウト開発者/ものくろキャンプ運営。のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

Facebookを使うノウハウ公開中

農家・フリーランス・経営者向け SNS使いこなしセミナー (2018年1月版)の内容を全文公開中!

無料 メルマガ発行中

運営しているものくろキャンプの講座・イベント開催情報や、ちょっと役立つ情報をお届けしています。

ほぼ毎日発行しています。

Web・Blogコーチのご依頼はこちら

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。

  • Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
  • Webのテクニカルな改善でお悩みの方
  • アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
  • 親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みも見つけます。

ダイレクトにアドバイス。そして、ご自身の問題解決力を手にしていただく時間を。このブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

ものくろキャンプ Web・Blogコーチ セッション

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ものくろキャンプ イベント案内

ものくろキャンプの開催スケジュールはこちら

広告