Windows10でキーボードのCtrl・Win・Altキーを入れ替えるキーリマップ設定でMacとの違和感を無くす

Windows10にて、キーボードのキー配列をWindows Server 2003 Resource Kit Toolsに含まれるremapkey.exeを使って変更(リマップ)する方法です。

設定のポイントは管理者権限にて起動する点です。

Windows10でCtrl・Win・Altキーを入れ替える

Ctrl・Win・Altキーを入れ替えるのに使ったのはWindows Server 2003用のMicrosoftのアプリです。こちらでは無事に利用できていますが、レジストリを変更するツールです。自己責任でWindows10にインストールして利用して下さい。

Windows Server 2003 Resource Kit Tools

ダウンロードしたアプリの導入プログラムを起動して、インストールを完了した後に、エクスプローラを開き、システムドライブの「Program Files(x86)」フォルダを開き、「Windows 2003 Resource Kit」フォルダへ進みます。

そのフォルダ中にある「Tools」フォルダに進み、「remapkey.exe」を右クリックして管理者権限にて起動します。

管理者権限で起動

設定方法

remapkey.exeを管理者権限にて起動すると、上下に2つのキーボードが並んだ画像が表示されます。

上のキーボードから動かしたいキーをドラッグして、下のキーボードの変更したい位置(キー)へドラッグします。

remapkey.exeの画面

下のキーボードで赤く変化しているのが、変更点です。

変更したいキーをドラッグした後に、左上の書き込みアイコンをクリックすると、変更された設定がレジストリに書き込まれます。

下のように「リブート」するようにメッセージが出ます。

Windows10でキーリマップした

Windowsを再起動すると、変更したキー配列として動作します。

どうしてこの設定が必要?

どうしてWindowsのキー設定を変えたのか?という背景をお話しします。

2011年にメインPCの環境をWindowからMacに移しました。とはいえ、20年以上MS-DOSから付き合っているWindowsですし、LTEに直接接続できてモバイルで便利なレッツノートRZ-4も使っています。

ちょっとしたキーボードのレイアウトの違いが、入力効率を損なう原因となります。

文章を書くことが多い ものくろ(親指シフター)としては、コピーと貼り付けのショートカットキーを操作する頻度が多いのです。

MacとWindowsのCommandとCtrlのキー位置が違うのがストレス

Macだと Command キー + CやV、一方、Windowsだと、Ctrlキー – CやVです。親指シフトタイピングなので、親指の位置(左はスペースキー・右は 変換もしくはかな)がタッチタイピングの基準点となっています。

すると、MacとWindowsでの、 CommandとCtrlのキー位置が違うことがストレスなんです。

このイライラを解決したくて、このアプリを使ってレジストリを書き換えて、キー配列の設定を変更しました。

[amazonjs asin=”B01DVSH6MC” locale=”JP” title=”Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B”]

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら