発売前にプロローグと第一章が読める『1冊20分、読まずに「わかる!」すごい読書術』 (著 渡邊康弘さん)

本を読むのに時間が足りない悩みを解決しませんか

読みたい本はたくさんあるのに、読む時間が足りない、、知りたいことを本から学びたいのに、読むのにたくさんの時間が必要になってしまうという悩みを持っていました。

「持っていました」と過去形になっているのは、半年ほど前にレゾナンスリーディングと出会ったからです。

レゾナンスリーディングの書籍が発売

このレゾナンスリーディングについて「どういうものなの?」と、色々な場面で尋ねていただく事が多くありました。そのご質問にぴったりな書籍が発売されます。

発売前に1章まるまるをPDFで楽しめる

そして、発売前に出版社さんのWebページにて、メールアドレスを登録するだけで「プロローグ・目次・第一章」の70ページがPDFにて読めてしまうサキ読みができます。

発売前に一章分、まるごとダウンロードして読むことができる「サキ読み」はこちらから。

どんな書籍なんだろう?という雰囲気だけでなく、プロローグで著者の渡邊さんも「読書は苦手だった」という告白されていたり、第一章にて「読書が苦手な人の共通点」と「読みたいと思うほど苦手になってしまう読書のジレンマを乗り越える」ポイントを、発売前に読むことができます。

理解する読書を求めているあなたへ

読書が楽しくないのはおかしい!と感じている方や、読んだことであなたの疑問が解決でき語れる知識をアウトプットできる読書を手に入れたいなら、このレゾナンスリーディングはおすすめです。そう読むより理解するを重視するあなたにピッタリな『わかる読書』への道筋がある一冊な予感です。

第一章では、「本を読む」ということに、あなたが誤解している点を知ることができ、「レゾナンス」という言葉の秘密が語られています。

書店さんにて予約しちゃいました

レゾナンスリーディングの具体的な手法については、第二章からなので、受講していますが、書籍でどのような言葉が綴られているのかワクワクしていましして、早く読みたいです。なので、近くの書店さんで予約しました。

発売前に一章分、まるごとダウンロードして読むことができる「サキ読み」はこちらから。

もう一つ、読んで行かれませんか?

[amazonjs asin=”4763135473″ locale=”JP” title=”1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術”]

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら