レゾナンスリーディング マスターコースを受講 インプットを革命するために

レゾナンスリーディング マスターコースを受講スタート朝です。2016年2月6日土曜日、冷える冬の朝、冷たいレールを走る電車に揺られて、大阪駅へ向かっています。

読書という言葉は曖昧でとても広い意味を持っていると感じます。

その読書に革命的にアプローチできたのがレゾナンスリーディングです。去年の秋(2015年10月)に丸一日のレゾナンスリーディング初級講座に参加し「自分のインプットの量・質を革新できると確信」して、今回の2日間のマスターコースを受講します。

アウトプットを行うことが知識をわかりやすく伝えて、ご依頼された方自身が行動を起こす、足踏みから一歩踏み出せるように、一緒に考える時間と物語を提供するのが、僕の仕事。

そのためには、インプットの質と量、両面を加速させたいと思っていました。そこで出会ったのが、このレゾナンスリーディングです。

加速でなく、インプットの革新的なアプローチ、そして、講師の渡邊さんの講座運営への想いも勉強になります。

もう一つ、記事を読んで行かれませんか?

レゾナンスリーディングについてはこちら

[blogcard url=“http://www.resonancereading.com/”]

講師の渡邊さんについてはこちら

[blogcard url=“http://www.yasuhirowatanabe.com/”]

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
やってみました, 実績紹介
について読む