WordPressに会話の表現力を実装 吹き出しプラグインSpeech Bubbleのアイコン画像設定方法

WordPressブログの記事にて、メッセンジャーのような会話形式の表示を実現するのが「Speech Bubble」プラグインです。プラグインをインストール・有効化すると、設定する必要もなくショートコードを記述するだけで、吹き出しの会話形式の表示を作ることができます。

ただ、顔写真のアイコン設定を一工夫しておかないと、プラグインアップデートのタイミングで、カスタマイズしたアイコン画像が消える場合があるようです。

アイコン画像はブラグインフォルダの中にある

アイコン画像はプラグインフォルダの中にある img フォルダに格納されています。ここへFTPにて画像ファイルをアップロードすると、オリジナルのアイコン画像を使えるようになるのですが、下のような問題点があります。

  • 画像アップロードでFTPの知識が必要
  • プラグインのアップデートで、img フォルダが書き換えられて、アップロードした画像が消える場合がある

2つの目のプラグインのアップデートによって、アップロードした画像が消えることは、再度、画像をアップロードすれば良いのですが、面倒なのも本音です。

メディアにアイコン画像をアップロードすればいい

WordPressのメディアへアイコン画像をアップロードして、それを表示に使えると、上の2つの問題も回避できます。ただ、http://study314.jp/wp-content/uploads/2016/05/mono96.jpg というようなURL形式をショートコードに書くと、アイコン画像が表示されません。

そこで、下のような相対バス形式で記述します。

icon=”../../../uploads/2016/05/mono96.jpg”

これで、メディアにアップロードした画像をアイコン画像として表示できます。

サンプルのショートコード

画像のパスはあくまで例です。

もう一つ、記事を読んで行かれませんか?

[amazonjs asin=”4797386665″ locale=”JP” title=”イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本”]

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
WordPressのこと
について読む