フリーランスの道具箱

タリーズオリジナルトートバッグ 使い勝手とコストパフォーマンスがグッドなアイテム

タリーズトートバック

タリーズさんのトートバッグが「使い勝手が良い」と噂に聞いていましたが、実際にお店で見つけてしまいました。

出会ったのは、新宿コクーンタワーのタリーズさん。

コーヒーを楽しむ人たちで混雑して、色々な話し声と、レジから聞こえるドリップや小銭を出し入れする音の中、ドリップコーヒー、あっブラック派なんですけど、を注文しようと、列に加わったときでした。

気がつけば手にしていた

レジの反対側というか、斜め後ろにあるコーヒー豆が並んでいる棚を眺めていました。美味しそうな豆があるなぁと、これからは水出しコーヒーもいいよね、と。

そこで、見つけてしまったのです。その黒色控えめなデザインは、そこに「いること」を主張しない佇まいでした。コーヒーを注文し席について、香りと味わいを楽しんだ後に、気がつけば、手にとって見ていました。

タリーズの珈琲

価格は2,400円 (税込)

去年にサードプレイスの代名詞であるブルーボトルコーヒーさんのトートバッグを使い始めてから、「トートバッグは便利」ということはよくわかっていました。ただ、白色なので、持ち手の部分がどうしても汚れやすく、かつ、目立つのです。

このタリーズオリジナルトートバッグは黒色です。

そう、汚れが目立たない黒色です。

A4サイズの資料も余裕で運べる

A4サイズの資料もしっかり収納できるサイズです。

A4サイズとの比較

横 330mm 高さ400mm マチが90mmと広く、真上から見たときも長方形の形となります。多くのトートバックの「まち」は楕円形となることが多いのですが、この長方形のお陰で使い勝手が良くなっています。

トートバックの「まち」の部分

デザインも使い勝手もシックリくる感じです

中を覗いたら、片方には、定期入れサイズが収まりそうな小さなポケットがあります。もう片方には、ファスナーのある内ポケットがあります。

「これは使い勝手が良さそう」と、注文するためにレジに並んでいました。

トートバックを買っちゃいまして

というわけで、タリーズオリジナルトートバッグを生活に取り入れてみました。使い勝手、デザイン、コストパフォーマンスと三拍子良いアイテムです。

店舗情報

新宿コクーンタワー店

東京都新宿区西新宿1-7-3 コクーンタワー1F

東京都新宿区西新宿1-7-3 コクーンタワー1F

[ads_water_amazon]


この記事を書いた人 :
ものくろ(大東 信仁)

profile2016autumn

ブロガー・Web&Blogコーチ・親指シフトユーザー・orzレイアウト考案者。WordPressが得意。HTML・CSS・PHPも熟知し広範囲の知識を持つ。

誰でもインターネットを活用できる時代だから、頭でモヤモヤしている「こんなのを実現したいなぁ」を引き出して形にし実現させるお手伝い、そして、インターネットを上手に使えるようにサポートするのが得意です。

iPhoneやAndroidなどのガジェット、デジタルだけでなく文房具などのアナログなツールも大好きです。写真や旅を楽しむこと、おいしいお食事、楽しい・ワクワクすることが大好きです。

Twitterやfacebookでも情報発信中、よろしければフォローしてください。



Instagram
follow us in feedly

ご依頼・講座開催情報はこちら

ブログ・情報発信でお困りごと、モヤモヤ、解決。あなたのステップアップをサポートしています。

広告

情報発信コンサルティング・コーチ

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。
・Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
・Webのテクニカルな改善でお悩みの方
・アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
・親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みもダイレクトにアドバイス。ブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

うまく表示されない時は
こちらをご覧下さい。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

講座 開催スケジュールはこちら
メールマガジンも発行中!
ものくろキャンプ スタッフ通信を確実にあなたへお届けします。
お読みいただきありがとうごさいます

follow us in feedly

更新のタイミングを知りたい!という方には Feedly がオススメです。この機会にぜひ上のボタンからご登録を。また読みに来てくださいね。

お役に立てたことがあれば、ソーシャルメディアへシェアしていただけると、今後の励みとなります。

SNSでフォローする