Apple Watch‎ ウーブンナイロン 軽さで気分転換 光の当たり方で表情が変わる不思議なバンドへ交換

  • ブックマーク
  • Feedly

発売日から愛用して1年ちょっと経過したApple Watch‎のミラネーゼループバンドを、ウーブンナイロンのパールを購入して、交換しました。

バンドのお値段 5,800円(消費税込みで6,264円)の価格ですが、いつも身につけてるApple Watchの雰囲気を変えて、気分転換したいと考えて、思い切って購入しました。

Appleストア心斎橋ではスタッフさんへ相談しないと見つからない

アクセサリーなので、大阪 心斎橋のAppleストア 2階を訪れて見たものの、お目当てのウーブンナイロンバンドは商品の棚にありません。

閉店間際の20時45分なのに、混雑しているジーニアスバーを見ながら「あっもしかして、オンラインだけなのかなぁ」と思いつつ、オンラインで購入するにしても、実際の質感や色合いを確認したいわけです。

すぐにスタッフさんへお声がけして、相談すると、「1階で試着できます」案内していただきまして、透明なガラスの階段を降りて、1階のApple Watchコーナーへ、そこで担当のスタッフさんに引き継いでもらいました。

試着しながら話していると「色によっては(心斎橋店に)在庫ありますよ」と案内がありました。

つまり、ウーブンナイロンバンドは「試着したい」と相談してから購入する前提になっている様子です。

黒が一番人気とのことですが、明るい色へ気分転換

「エルメスのバンドが個人的に欲しい」と話されていたスタッフさんの案内ですと、黒色の「ブラックウーブンナイロン」が一番の人気とのことです。ブラックはオンラインのWebページの画像より、しっかり黒い色の印象でした。

そして、気になっていた白色に近いパールも実際に見てみました。こちらは画像より落ち着いたどちらかと言うとグレイに近い色合いです。

Webサイトの画像とちょっと雰囲気が異なるなぁというのが正直なところでした。良い・悪いで無く、雰囲気が違うので、実際に確認してから購入するのが、ウーブンナイロンバンド選びのポイントです。

シルバーのバンドから、気分転換したいなぁということでしたので、明るくちょっと落ち着いているこのパールを選びまして、在庫を相談すると「あります」ということで、気がつけば、アメリカでは無くなるかもしれないと噂されている「いつものアップルな林檎マークが入っている白いビニール(2重になっている)袋」を手にしていました。

DSC03309

自分でカンタンに交換

帰宅後に、Apple Watchの裏にあるバンド交換用のボタンを押して、ミラネーゼループ
バンドを取り外して、まっさらなウーブンナイロンバンドをセットしました。シルバーの本体に、白い(パール)バンドはなかなか良い感じです。

DSC03311

腕に着けると、バンドの軽さと肌に触れる気持ち良さを感じます。見た目もちょっとカジュアルなものになりました。状況に応じて、金属のミラネーゼループと交換しながら、日々を楽しんで行けそうです。

DSC03312

光の当たる角度で雰囲気が変わる

不思議なのが、光の当たり具合で、このウーブンナイロンバンドの表情と言いますか、模様がかなり変わるように感じます。

IMG_0002a

バンドの一番外側と側面が明るいパール色なので、ちょっぴりだけど、このウーブンナイロンバンドが自己主張していまして、明日の朝が楽しみになりました。

[ads_favorite_amazon]

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら