Blackout sticker for Mac(キーボードを無刻印にするシール)を剥がした 注意が必要だけれどもシールの跡は残らずキレイにはがせれた

MacBookAir11インチに、一年ほど(正確には約10ヶ月)前から、キーボードの刻印が無くなる(無刻印にする)シールをキートップに貼っていたですが、手放すためにこのシールを剥がしました。

剥がす作業は、引っ張る力を加えることもあり、キートップに無理な負荷がかからないように、キーボードを壊さないように、慎重な注意と作業が必要でした。なお、この作業は自己責任でよろしくお願いします。

シールを剥がす時の注意点をまとめると

このシールを剥がす作業を行ったと気に注意した点をまとめると

  • Macの電源はOFFに
  • キートップを必ず左手の指で押さえながら
  • キーを引っ張らないようにする
  • シールを右手で注意深くゆっくり剥がす
  • 集中力を使うので、4分の1ぐらい剥がせたら、休憩を挟む

なお、電源ボタンのシールを剥がすときはどうしても、キーを押すために電源ONになりますが、このキーのシールを剥がし終えたら、電源を再度OFFにしました。

MacBookAir11インチ

糊が残ることなくシールは剥がすことができた

気になる剥がした後の糊ですが、ほぼ綺麗に剥がすことができ、シールの糊がキートップに、べたっとへばりつくということもありませんでした。

ほんのすこしだけ、シール端の部分あたりの糊がキートップに残りましたが、消毒用のエタノールをすこしだけつけたティッシュで拭くと簡単に拭き取れました。

消毒用エタノールがないときは、オススメなのが、セブンイレブンさんで販売しているメガネクリーナー、これで綺麗になります。

セブンイレブン メガネクリーナー

あと、液晶モニターはこちらのクリーナーを使うとフキムラなく美しい姿にできます。

実際に使ってみてのレビュー記事も書いています。

MacBookAir11インチを手放したことについてはMediumに書いています。

シールを貼った時に書いた記事はこちら。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら