ブログでパーソナルメディアを構築してきて大切にしていること

インターネットが登場し、世の中が大きく変わりました。

誰もが、この素晴らしいインターネットを介して、自分の想い・考え・気づき・体験などを、第三者の修正を受けることなく自由に、発信することができるようになりました。

1999年からWebページ、2003年からブログを使って、誰でも読めることができる状態で、言葉を、文章を書いてきました。このブログには、2430を超える記事を公開できました。

img_0077

ブログの文書を読んでもらい「ものくろさんの考えはそういうことなのですね」と言っていただけるようになり、ブログを活用してパーソナルメディアを構築しています。

この経験から「インターネットを活用し発信する」ことについて、大切にしていることが一つあります。

「1文字1文字、1行、1段落、1記事、自分が納得いくように、綴る」

これです。

ブログは自由に書けます。自由さの反面として戸惑いも感じることがあります。

量が大切なのか?質が大切なのか?と聞かれることもあります。

量と質の前に「自分の気持ちに正面向いて」言葉を綴り、思考停止せずに考えながら、行動することが大切と感じます。

img_0066

そして、「他の人は、どうなんだろう」という前に「ブログを読んでくれている読み手の方」と「一対一」で向き合って、模索することの重要性に気づけました。

ブログに正直に向き合えは向き合うほど、短期的な結果は難しいかもしれません。

でも、石に雫が、何年も滴り続けると、穴が空くんです。

「言いたいこと」を「楽しみながら続けられるか」が大切と痛感しています。

191b0956-25e8-406b-bf8d-62c513e6c340

ブログを書き始めた頃に、参考になった本はこちらです。

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
ブログで情報発信
について読む