ブログ記事の原稿をうっかり紛失した様子、Macのメモアプリに必ず書くようにしよう

ブログの原稿をなくしちゃった様子です。こういう時に限って、書いていた原稿が2,000文字越えだったんです。

MacでもiPhoneでもメモアプリを使っていれば、原稿を保存する必要もなく、リアルタイムで文章が保存されるので、今後は、メモアプリで原稿を書き、なくさないようにします。

MacBookPro15インチ(2016年モデル)を2017年3月31日に、Apple銀座にて購入しました。

どうして、15インチなのか?そして、どんなカスタマイズを選んだのか?について、ブログ記事にまとめようと、月曜日(4月3日)に書いた記憶があるのです。ただ、「数点、調べなおして、チェックして、それからブログにアップしよう」と、下書きのままにしていました。

ここ数日、ありがたいことに仕事が忙しく気がつけば、数日、過ぎていました。そして、今日、2017年4月8日に、手直しして「公開しよう」と思ったのですが、原稿が行方不明になりました。

確かに書いたはずなのですが、うっかりミスでファイルを保存しなかった様子です。もう一度書き直せばいいわけですが、久しぶりに、原稿を紛失してしまいました。

テキストエディターアプリで、文章を書いていた記憶(黒い背景色の景色を覚えているため)があります。うっかり保存せずに、アプリを閉じてしまったのだと思います。

MacでもiPhoneでもメモアプリを使っていれば、原稿を保存する必要もなく、リアルタイムで文章が保存されるので、メモアプリで原稿を書くようにします。

メモアプリでカンタンに文字数カウントができないのが弱点ですが、原稿の文章がなくなっちゃう方がダメージが大きいワケなので、徹底していこうと思います。

(ということで、原稿をなくしちゃったということも、ブログネタにしちゃいました。)










今日のピックアップ記事はこちら