早朝ヨガ(プラナヤマ/メディテーション)5日間ワークショップに参加( 2日目)呼吸の大切さに気づき、クリエイティブな発想が柔軟になっているのを実感

「ああ、早朝5時に起きれるかな?」「やっぱり、参加申し込み、勢いでするんじゃなかったかな」と、ワークショップ前日の夜に不安になっていました。

でも、、せっかくなので、目覚まし時計をセットして気合いで起きて、早朝ヨガ ワークショップに行ってみたら「どんな内容か理解してなかったけど、直感で申し込んで良かった」です。

参加しているヨガ ワークショップはこちらです。

身体のを軽く動かすヨガとは違っていて、呼吸と瞑想中心でした。スタート時間は、6時45分から8時20分ですが、30分前の6時15分に会場の、ヨガスタジオに到着しました。

事前メールに、30分前から会場に入れると案内されていたのと、どんな雰囲気がわかってなかったので、早めに到着するようにしました。

そうすると、自宅は5時20分に出発でした。元々は夜型生活でして、なかなか早寝とはならず、寝不足でしたが、朝5時に出かけることと、電車も通勤ラッシュの始まる前、やっぱり気持ちいいのです。

初日 1日目は「見よう見まね」でトライです。

目が疲れていたのでしょうか、瞑想してリラックスすると、涙がどんどん出てきました。

体験した後に『肩が軽い』『作業をしていて、夕方を過ぎてもクリエティブな発想が持続している』『物事の見方というか視野が広い』これらの変化を感じました。

1時間半以上、「呼吸すること」だけに意識を向け続けた体験は初めてですし、新鮮でした。

同じワークショップを体験された みき さんのブログ記事はこちら。

2日目は下のリンクです、続きます。

この記事は、PressSyncにてiPhoneで書きました。

ヨガに関してはこんな記事も書いています。

今日のピックアップ記事はこちら