ハガキの印刷はどうしたらできる?Pagesでの設定方法 | MacOS Lion

  • ブックマーク
  • Feedly

ハガキ

Mac Pages 自由にレイアウトでき、豊かな表現力を備えています。Pages で見映えのいいキレイなハガキを作ることにしました。

ところが、初期設定の選択肢に”ハガキ”がありません。

この戸惑う点を除けば、キレイなレイアウトを簡単に作れます。その設定方法をまとめました。

設定方法

テンプレートセレクタ

どうすれば、ハガキを作ることができるのか?設定方法を順に見ていきます。

pagesを起動したときに、「テンプレートセレクタ」ウィンドウが開きます。ここで”ハガキ”が選択できればいいのですが、その選択肢がありません。(アメリカのソフトだから?)

空白

ここでは「空白」を選択します。A4の画面が開いても大丈夫です。

ページ設定

メニューバーの「ファイル」−「ページ設定」を開きます。

下のページ設定ダイアログが開きます。「用紙サイズ」をクリックします。

ハガキサイズの印刷に対応しているプリンターならば、選択の中に「はがき」が表示されます。「はがき(フチなし)」も選ぶことができます(縁なし全面印刷の対応機種の場合)。

自由にレイアウトしたいので「はがき(フチなし)」がおすすめです。

余白・ヘッダ/フッタ

下の画面が開きます。

余白・ヘッダ/フッタなどの設定があるので解除します。

「インスペクタ」を表示します(メニューバー ”表示” − ”インスペクタを表示”)。

インスペクタの書類を開き、”余白”・”ヘッダ/フッタ”の設定を変更します。

今回は下のように、「余白なし」「ヘッダ/フッタ なし」の設定にしました。

以上でハガキサイズの設定が完了しました。

レイアウト

自由に文字を配置するのに便利なのが、「テキストボックス」です。初期設定のままだと、オブジェクト配置の設定があるため、思ったとおりに動かすことができません。

自由にうごかす設定例を下にまとめました。

テキストボックスを挿入します。インスペクタの ”回り込み” − ”オブジェクトの配置” を「フローティング」、”回り込み”にしてある「チェック」をはずす、これら2つの設定を変更します。

これで自由にテキストボックスを配置できます。写真のオブジェクトも同じ変更をすれば、自由に配置できます。

あとは作るだけです!。

まとめ

Pages でハガキを作るときに設定がわかりにくかったので、整理しました。

はじめのテンプレートの中に”ハガキ”がないのでわかりにくいです。ここでは、「空白」を選択してA4サイズで文書作成を始めます。

ここで、「ページ設定」から”ハガキ”を選択できます。これで文書サイズがハガキになります。インスペクタの”書類”から、余白・ヘッダ/フッタを「なし」にします(全面ふちなし印刷を行う場合)。

文字を配置するにはテキストボックスが便利です。インスペクタの”回り込み”を設定し、テキストオブジェクトを自由に配置できるようにします。

これでハガキ全面を自由に使うレイアウトが組めます。
さあ、あとはイメージを形に・レイアウトに表現します。

Macで文書作成を頑張るあなたにおすすめ!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら