情報発信をスタートしようとすると身がすくむ理由

ブログ、SNSを使って、情報発信をしてみようかな、、、

、、

あ、、怖い、、

なぜか怖い

書いた文章で誰かの気分を傷つけてしまったら、、

と、想像してしまい、

初めの一歩が動けない。

このような気持ちの相談、たくさんいただきます。

鍵になるのは「怖い」という感情。

その怖いを感じていくと、どんな感じですか?

ある人は、

「小学校で、先生に当てられて、答えられなくて、クラスのみんなから笑われてしまった」

であるとか

「幼稚園のときに、母さんへ頑張って気持ちを伝えたけど、反応がなかった」

など、

言葉や、言葉でなく体の動きや、絵を書いたりと、気持ちを表現したときに、予想外な出来事を体験したときに、怖さを感じています。

情報発信で、言葉をインターネットの海に向かって出す時に、この怖い感覚が出てきて身をすくめてしまうのかなと。

それじゃ、どうしたら良いのか?

これを無視して、情報発信するのだ!と勢いで進めるのでなく、

そうか「怖かったのか、あのときの自分は」と、深呼吸して、「怖かった」と感情を味わってみます。

そして、もう一度深呼吸。

「いまは、大人の自分だから、大丈夫かな?もし何かあっても、対応するかな」と、感じてみると、どうでしょうか?

もしかすると、初めの一歩の足が動かせるかも。

過去の今日は何を書いていたの

  • ブックマーク

メルマガでは、ブログより ”ぶっちゃけ” 話を書いています(不定期)。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

この記事が良かった!時は、ぜひ、イイネください。記事を書く励みになります。

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。