iBooksで右開きの書籍を読むためにPDFtkを使って順番を入れ替える

MacでもiPhoneでもiPadでも便利なiBooks

iBooksアプリに登録したPDFは、MacやiPhone・iPadなど複数のデバイスでも、iCloudの同期を使うと、どこでも読めて便利なのです。

唯一困るのが、右開きの書籍に非対応という欠点です。

iBooksは、右開きに非対応

iBooksアプリが、右開きに対応してくれれば嬉しいのですが、縦書きレイアウトなために右開きになってしまうわけで、アメリカからすれば規格外なのかもです。

なので、使うユーザー側のこちらで「なんとかするしかない」と思い、調べたら見つかりました。

こちらの記事です。感謝です。

初期セットアップが必要(これは後述します)ですが、右開きの書籍を、例えば、ScanSnapでPDFにした後、Macのターミナルで、ちょっとだけ(1行)コマンドラインのコマンドを命令します。

そのため、この記事は、Macターミナルのコマンド操作の初歩がわかる方向けとなります。

PDFのページを入れ替えることで右開き対応

これで、PDFの全ページの順番が入れ替わった上に、最終ページにも表紙ページが追加されます。最終ページといっても、入れ替えるので、最終ページ = 先頭ページです。

このPDFをiBooksアプリで開き、最終ページから読み進めると、ちょうど右開きになります。表紙を最後(処理後は先頭ページ)に追加するのは、iBooksアプリのサムネイル表示に表紙がある方が良いからです。

Macのプレビューでも、「2ページ」表示にすることで右開きを、自然に読むことができます。

動作環境

  • El Capitan以降

私は、MacOS HighSierraにて作業しています。

初期設定

PDFtk 公式サイトから、MacOS El Capitan 以降のpdftkをダウンロードして、インストールします。(なぜか、公式サイトからリンクがなく、Stack Overflowのスレッドからリンクがあります。)

インストールを完了すれば、初期設定が完了です。
(インストール先は、/usr/local/bin )になります。

デスクトップに変換したいPDFファイルを用意

デスクトップに変換したいPDFファイルを用意します。ファイル名に日本語があると、動作しなかったので、book.pdf とリネームしています。

ターミナルでコマンド入力

ターミナルで、デスクトップに移動した後に、以下のコマンドを入力して実行すると、output.pdf の名前で、順番が入れ替わったPDFファイルが生成されます。

iBooksに登録

出力されたoutput.pdfのファイル名を書籍タイトルに書き換えます。ここでは日本語ファイル名もOKです。

書き換えた後、副クリックでメニューを呼び出して、「iBooksで開く」を実行すれば、PDFファイルが、iBooksに登録されます。

補足

ターミナルを開いた後、デスクトップに移動するには、以下のコマンドを入力してください。

cd Desktop

すると、$マークの左が、Desktopと表示され、デスクトップに移動できています。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する