「四季折々」 大友楼(金沢駅 駅弁)治部煮も楽しめる見た目も美しいお弁当

美味しいお弁当を教えていただいて、楽しめました。

金沢駅にて購入できる大友楼さんの「四季折々」です。

外観は、8角形のお弁当箱。パッケージも加賀の歴史と美しさを感じられるデザインです。

このお弁当を作る大友楼さんというのが、歴史ある金沢の「料亭 大友楼」さんです。創業は、天保元年とのこと、西暦にすると、1831年です。180年以上の歴史ある料亭さんです。

明治31年に開業した北陸線 金沢駅にて、料亭と兼業で駅弁の販売をスタートしたとのことです。

(詳しくは、公式Webページをご覧ください。これまでの歴史ある積み重ねのストーリが丁寧に書かれています。)

お弁当の蓋を開けると、美しい色彩が目に飛び込んできます。

金沢の郷土料理 治部煮が、お弁当で楽しめるのが、素敵でした。

おにぎりは小さめで、おかずが多めというのも、嬉しいポイントです。

こちらは「金澤笹寿司Premium」です。

天然紅鮭(アラスカ産)と昆布で〆た国産の真鯛、山陰地方で獲れた国産穴子の3品です。詳しくは、金沢在住のさわこさんのブログ記事をご覧ください。

この記事を書いた人