BootCamp環境 日本語入力を「かなキー」で切り替える(Windows ATOK2014)

MacBookAir 11インチ(Mid2013)では、BootCamp環境にてWindows8.1をインストールして、使っています。

日本語入力のOn・Offが初期設定のままだとMacと違うために、イライラします。ATOK2014を使っており、ATOKの設定を変更することで、Macと同じ操作環境になりました。

Parallelsのサイトが参考に

設定変更の参考になったのが、こちらのページ(KB Parallels: Windows の日本語入力切替を Mac キーボードの かな キー と 英数 キー に割り当てるには)です。

仮想環境の場合の説明ですが、参考になります。

AppleKを使っています

MacでWindows

BootCampでのキーボード操作が快適になるアプリ「appleK」と親指シフトを実現するために「やまぶきR」を使っています。

これをインストールした状態だと、英字入力への切り替えは「英数キー」ですんなりできるようになります。ただ、「かなキー」を押しても、ATOKの日本語入力へ切り替わりませんでした。自分の環境だけかもしれませんが、うまく動作しません。

ATOK メニューで設定

BootcampでWindows

タスクトレイにある「ATOK」のアイコンを右クリックしてメニューを表示されて「ATOKメニュー」をを起動します。

メニューにある「プロパティー(環境設定)」を開きます。

開いたウィンドウの「キー・ローマ字・色」タブをクリックして、ウィンドウを切り替えます。

スタイル一覧で使用しているスタイル(左に赤い丸が表示されています、初期設定のままなら ATOK2014 です)が選択されていることを確認して、右にある「キーカスタマイズ」をクリックします。

atok01

開いたウィンドウの右上あたりにある「キーを検索」をクリックします。

atok02

「かなキー」を押すと「変換」が選ばれます。

atok03

ブルーに反転している変換をダブルクリックすると、さらに新しいウィンドウ(キーの変更)が開きます。

atok04

ここで「日本語入力のON/OFF」を選択します。下のチェック項目はすべてチェックのままにしておきます。

atok05

右上の「OK」をクリック、ATOKキーカスタマイズのウィンドウも「OK」をクリックします。すると、ユーザー設定を作る?と聞かれますので「OK」と答えます。

「ATOKプロパティー」ウインドウも「OK」をクリックすると、設定完了です。

これで「かなキー」を押すと「日本語入力 ON」になります。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する