BootCamp環境 日本語入力を「かなキー」で切り替える(Windows ATOK2014)

MacBookAir 11インチ(Mid2013)では、BootCamp環境にてWindows8.1をインストールして、使っています。

日本語入力のOn・Offが初期設定のままだとMacと違うために、イライラします。ATOK2014を使っており、ATOKの設定を変更することで、Macと同じ操作環境になりました。

Parallelsのサイトが参考に

設定変更の参考になったのが、こちらのページ(KB Parallels: Windows の日本語入力切替を Mac キーボードの かな キー と 英数 キー に割り当てるには)です。

仮想環境の場合の説明ですが、参考になります。

AppleKを使っています

MacでWindows

BootCampでのキーボード操作が快適になるアプリ「appleK」と親指シフトを実現するために「やまぶきR」を使っています。

これをインストールした状態だと、英字入力への切り替えは「英数キー」ですんなりできるようになります。ただ、「かなキー」を押しても、ATOKの日本語入力へ切り替わりませんでした。自分の環境だけかもしれませんが、うまく動作しません。

ATOK メニューで設定

BootcampでWindows

タスクトレイにある「ATOK」のアイコンを右クリックしてメニューを表示されて「ATOKメニュー」をを起動します。

メニューにある「プロパティー(環境設定)」を開きます。

開いたウィンドウの「キー・ローマ字・色」タブをクリックして、ウィンドウを切り替えます。

スタイル一覧で使用しているスタイル(左に赤い丸が表示されています、初期設定のままなら ATOK2014 です)が選択されていることを確認して、右にある「キーカスタマイズ」をクリックします。

atok01

開いたウィンドウの右上あたりにある「キーを検索」をクリックします。

atok02

「かなキー」を押すと「変換」が選ばれます。

atok03

ブルーに反転している変換をダブルクリックすると、さらに新しいウィンドウ(キーの変更)が開きます。

atok04

ここで「日本語入力のON/OFF」を選択します。下のチェック項目はすべてチェックのままにしておきます。

atok05

右上の「OK」をクリック、ATOKキーカスタマイズのウィンドウも「OK」をクリックします。すると、ユーザー設定を作る?と聞かれますので「OK」と答えます。

「ATOKプロパティー」ウインドウも「OK」をクリックすると、設定完了です。

これで「かなキー」を押すと「日本語入力 ON」になります。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

広告

あわせて読みたい

記事のタイトルとURL をコピーする!

広告

新着記事

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)

ブロガー/Web&Blogコーチ/親指シフト orzレイアウト開発者/ものくろキャンプ運営。のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

Facebookを使うノウハウ公開中

農家・フリーランス・経営者向け SNS使いこなしセミナー (2018年1月版)の内容を全文公開中!

無料 メルマガ発行中

運営しているものくろキャンプの講座・イベント開催情報や、ちょっと役立つ情報をお届けしています。

ほぼ毎日発行しています。

Web・Blogコーチのご依頼はこちら

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。

  • Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
  • Webのテクニカルな改善でお悩みの方
  • アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
  • 親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みも見つけます。

ダイレクトにアドバイス。そして、ご自身の問題解決力を手にしていただく時間を。このブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

ものくろキャンプ Web・Blogコーチ セッション

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ものくろキャンプ イベント案内

ものくろキャンプの開催スケジュールはこちら

広告