望遠鏡を買う時に知っておくべき1つのこと。パンスターズ彗星を楽しもう!

望遠鏡を買おう!そう、望遠鏡です。彗星来てるって報道してますからね。

ちょっと待ってください。パンスターズ彗星を見るためでしょうか?それとも、これから気候も穏やかになって春の星空を楽しみたいからでしょうか?

パンスターズ彗星

すごい彗星です。肉眼で見えたら巨大彗星です。もうすぐ北半球でも観測可能です。詳しくはアストロアーツさんのサイトを参考にしてください。

【特集】パンスターズ彗星(C/2011 L4)

彗星を見るに望遠鏡は適してません。大切なのでもう一度、言います。隣の人にも教えてあげてくださいね。

「ほうき星(彗星)を見るのに望遠鏡は適していないし、要りません。」

えっとビックリでごめんなさい。理由はカンタン、しっぽまである彗星を見たいのですよね? 彗星が大きすぎるのです。目の前のキレイな人を望遠レンズで「鼻だけ」を撮っていると想像してください。でしょ。

双眼鏡と三脚です。

双眼鏡は光を集める力がある製品で、広い範囲を見ることができる製品がいいです。手ぶれがあると疲れるので、三脚に取り付けます。

どんな機種がいいのか、難しいです。下に書いているように、天文施設など詳しい方からアドバイスを聞けると良いのですが、ちょっと時間がないです。でも大丈夫。3つの条件を満たす製品で選びます。

  • 8 × 42(もしくは 8 × 40) と書いてある。
  • ズーム無し
  • ビノホルダー(三脚アダプタ)がオプションに準備されている。

8 × 42が”10×40″って一緒だよねってすると全然違うので注意してください。[詳しい方向け :  7 × 50 の方が良いですが、大きく持ち運びの点と低倍率の製品が少ない(寂しいです)から、8倍を紹介しています。]ビクセンさんかペンタックスさんがおすすめです。

三脚はビデオ撮影のでOKです、新しいものを準備する必要なしです。双眼鏡とビノホルダー(三脚アダプタ)の組み合わせは、昼間でも大活躍です。

アウトドアで双眼鏡を楽しむ時、お子さんに見せてあげたいっとなっても”ずれてしまう”。これが三脚に固定しているから、スムーズになりますよ。

tele001

春の星空を楽しみたい

地域の天文台・天文イベントに参加しましょう!。ここで楽しみながら、スタッフさんと仲良くなってしまいます。多くのスタッフさんは「望遠鏡を買ってから」じゃなく「買う前に聞いてくれー!」って思っています。

聞くこちら側としては、望遠鏡を持ったから、「聞いてもいいかな?」と思うのですけどね。それでは遅いらしいのです。

スタッフさん曰く、「望遠鏡は経験がないと選びにくい、なのに、”はじめよう”と頑張ってみんな”いきなり”買われます。で、こんなハズで無かったと”ガッカリ”して天文から離れていくのです。これとてもまずい循環で、天文そのものがだめになってしまう。」

遠慮せずにどんどん聞いて欲しいとのことです。買う前に望遠鏡と接することができるメリットもあるので、イベントや観測会に参加するのがポイントです。写真は佐治アストロパーク宿泊施設にある望遠鏡です。宿泊すると自由に使えます(講習会があるので初めてでも大丈夫)。

まとめ

パンスターズ彗星なら、双眼鏡です。三脚アダプタが用意されているモデルがおすすめです。彗星を望遠鏡で見るのは難しいです。

望遠鏡を買うときは、「詳しい方に聞いてから」が大切です。「望遠鏡を買おう」と思ったら、イベントや観測会に参加して聞くことが大切です。ぜひ、そうしてください。

お店では、望遠鏡にくわしい方は圧倒的に少なく、買う僕らが正確な知識を聞いて判断できることはまずありません。例えば、屈折式と反射式の違いとかです。この選択をどうするかでも違うので。

専門スタッフではないですが中学から天文をしている私も「先に聞いてよ」って同じ思いをしたことがあるので、まとめました。

夜空を楽しみましょう!

講座 開催予定

この記事を書いた人