HTC EVO キャリアメール @ezweb.ne.jpに対応していた。

自分が気づいていなかっただけですが、、、、
いつの間にか(去年 9月下旬に)に、キャリアメール(@ezweb.ne.jp)のアプリが使える様に、アップデートが行われていました。

アプリの画面を良く見て探すと、”「au」Eメール”と誇らしげなアイコンが!まぁ、使える様になって、「ごめん、キャリアメール以外受信不可でしょ、携帯からメールに送信できないだわ」ということが無くなるので便利です。softbankの携帯も持っていますが、s!ベーシックパックに加入していない、完全通話仕様なのです。今までごめんなさい。

では、携帯メールを全く使っていなかったのか?ということになります。いや使っていました。ショートメールサービス(SMS)です。これは通信キャリアの中でのやり取りじゃないの?となりますが、実は、

やっときた!ショートメールが携帯各社間で送受信可能に。7月13日よりスタート

電話番号に送るメールです。以外と、docomo、au,softbank、イー・アクセスのキャリア相互に送れます。これで、自分はなんとかしていました。送信可能も字数が少ない。(キャリアによっては全角50文字。これだけが難点ですが、結構使えますよ。電話番号わかるでもメールアドレスは知らない友人(友人っていうのか?)や仕事関係(失礼にならないようにせんといけませんが)に、使えます。

もう一つ、脱線すると。どーしても携帯メールを使いたいでも、携帯の文字入力は面倒でいやだ、でも携帯から送らないと、迷惑メールのフィルタリングで破棄されて、届かない。(この時は、届かなかったとのメールが返ってこないので、さらに困ります。)

解決方法があります。お金がかかりますが、月200円。
iモード.net
使ったことが無いので、実際にどうなの?とは思いますが、
「パソコンでiモードメールを送受信」が特徴のようです。

かなり話がそれました、話をauに戻します。
auかの告知

お知らせ〉「Xperia™ acro IS11S」「HTC EVO WiMAX ISW11HT」におけるEメール対応等のアップデート実施について

〈お知らせ〉 「KDDI Eメール (~@ezweb.ne.jp) アプリケーション」の提供開始について

HTC EVOを購入時に、キャリアメールは諦めてください。と説明を受けていた(去年5月なので、ショップさんが悪い訳ではない)ので、ノーマークでした。去年秋頃は、「andorid au」だったので、もう少し大きく告知してほしかった。

まぁ、今となっては、無かったことになっている感もある、「andorid au」と完全に無くなった「LISMO!」ですね。

虚構新聞:音楽配信の雄、リスモくん死去 5歳(これは嘘ニュースのはずでした)

「LISMO Music Store」のサービス提供終了について

iTuneに飲み込まれました。虚構新聞の報道どおり、ちょっとかじられていた毒リンゴをリスモ君が食べちゃったんですね。わかります。

Android au」のWebサイトを閉鎖
http://android-au.jp/にアクセスすると、auトップページにリダイレクトされる件について

今は、iPhone auだもんなー。でもデザリングできないから、機種変しないよ。wimaxできて、デザリングできるiPhone5がでたら、買い替えるかもね。

au(ブランドロゴ)のロゴもこっそり変わっています。画面左上。

何処にいくんだーau。料金プランもs○ftbankをコピペしているし。

wimaxはつながれば高速ですが、なかなか電波の確実性がいまいちです。夕方5時すぎると、極端に通信遅延が起こります。wimax入らず、3Gでデザリングパケット通信ですが。

HTC EVO 電池持たない、使いにくい、タッチパネルがiPhoneとは比べ物にならない鈍さ、おばかなところ、まったく使うことが主眼に無いユーザーインターフェースです。それでも、wimaxでも3GでもデザリングOK、しかもwifi接続可能。これだけで、多くの欠点を超えた価値があります。私はそう思っています。

データ通信定額にもちろん加入してますが、従来ならパケット料金はいくらだったか、請求書に記載されています。今までで、最高2700万円、普通に使っていても、100万から50万。いわゆるパケ死です。確かに月に8GBぐらいはダウンロードしたけど。(これを見ると、lphone、脱獄して、ごにょごにょして、
wifiからデザ○ング、うまー。は、万が一、ユーザー特定される仕掛けがされて、キャリアからパケット通信料を請求となると、支払金額が超高額になりますな。契約書や約款にも、そんなことしちゃっ、だめだよ。って明記してあります?よね。)

そんなこんあ、携帯よもやま話でした。

この記事を書いた人