【アプリ】Kakumaru Punch for Mac シンプルに簡単操作、角を丸めて画像が優しくなリます。

画像の角を丸めると視覚効果が大きいのですが、自分で作業しようとすると予想以上に大変です。この作業を一瞬でできるMac OSX アプリが「Kakumaru Punch for Mac」です。

フリーウェアです。対応画像はJPEG/TIFF/PNG/GIFの4種類です。TIFF/PNG/GIFの場合、丸めた角は透明(透過処理)になります。

なお、Windowsもあります。『角丸パンチと全丸パンチ』 Ver.1.3 – kakumaru punch – freeware

効果抜群

普通の写真が..

R0020081

さらに話が盛り上がる雰囲気に

KR0020081

普通のピノが

Pino20130725

一層、美味しそうに

Ppino20130725

しかめっ面が

Bigeast

変わりませんね。。

Bbigeast

このように雰囲気をやわらかくする効果があります。

上の画像はPNGなので、切り取られた部分は透過処理になっています。

ただし、下の様にJPEGの場合は透過できないため、白色の背景になります。

Jpgpino20130725

保存画像形式

使っている時に迷った点です。JPEGをPNGで保存したいわけです、背景が透けますから。ところが保存形式を選ぶメニューがありません。保存形式は指定できない仕様です。

入力した画像形式で書き出す動作になります。PNGならPNGで、JPEGならJPEGで書き出されます。切り取った部分が透けてほしい場合に、素材がJPEGの場合は先にPNGに変換しておく必要があります。変換はプレビューアプリでするので十分です。

これが分からず、2日彷徨いました。

インストール

こちらのサイトからダウンロードします。zip圧縮ファイルなので、解凍しアプリケーションフォルダにコピーして完了です。

DropShadowkakumaru

Kakumaru Punch for Mac – Sheepapp

使い方

起動します。角丸をつけたい画像をドラッグ アンド ドロップします。

DropShadowkakumaru000

下のメモリで角丸の大きさを調整できます。

Kakumaru002

「Square」オブションをONにすると、正方形になります。アイコンのような仕上がりになります。

Kakusuq

角丸のスライダーを一番右にすると”丸の切り抜き”になります。

Kakumarumaru

プレゼンテーション

ブログにも活用できますが、これはイイ!と思ったのが「プレゼンテーションスライド」のアイキャッチ画像でした。角を丸めて有るか無いかで、全く印象が違いました。”Kakumaru Punch”はシンプルなソフトです。使い勝手が素晴らしく、時間をとらずに画像を加工できます。是非活用してください。

もう少し画像調整

Pixelmatorがおすすめです。Photoshopにせまる機能を持っています。

Pixelmator Pixelmator価格: ¥1,300
( Storeにてご確認ください。)カテゴリ: グラフィック&デザイン, 写真
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする

この記事を書いた人