『カスタネット中毒』かるめ屋 番外公演!心地よい余韻と空気を感じたよ。

”芝居”初体験の おおひがし です。今までにない経験を味わいました。芝居を観られたことがある方は「こんな 悩ましくも愛しい・不思議な・想う時間」を楽しまれていたのですか!

いままで37年間、知らない世界でした。人生損していたなぁというのが、正直な感想です。

『カスタネット中毒』 かるめ屋 番外公演 2013です。

IMG 7090

リアルな体験を共に

リアルの世界とネットの世界との関係が話題に上がる2013年です。そんな時に”カスタネット中毒”を観たことは、ショックでした。ネットを介して多くの体験を共有することを考えていた私でしたが、ビンタを256回食らった!感覚です。

リアルでしかない世界。まさにそう感じました。

みんな 同じことを感じている

なぜ?そうなるのか?舞台の上と私と”1対1”なんだろうと思っていました。「これだから素人は困る」と思われている方がたくさんおられると思います。はい。私が不勉強でした。

観いているみんなが一体となることで演劇なんですね。同じことを感じ・笑い・悩み・不思議に想う。隣の人も同じことを観て、感じているのです。こんな素敵なことってありますか?

日常で隣の人と同じことを「感じる・考えている」ことってのはマレだと想います。奇跡に近い。

IMG 7099

気持ちが通じる!

みんなが一体となる空気感でした。感情・情熱・笑い・うらやみ・幸福感、これらを開放してくれました。

人生を共有する舞台なんですね。みんなが感じるキッカケを生む 言葉・表情・動作を出演者さんから、感じました。そう、そこから人生の複雑さを感じながら。

ぜひ足を運んで欲しい

言葉で表現できない部分もあると思います。私のような”芝居”は観たことない方は、この機会にぜひ体験してください。知らない世界との出会いがあります。また、『カスタネット中毒』の魅力は人の個性を表現されていることです。

これから先の時代、「人と違うこと」が大切と考えてます。個性がキーワードの芝居を2013年 夏に出会えたことについて、深く感じてしまいます。

ぜひ、あなた自身で感じてください。

公演について

全6回の公演のうち、あと3回しかありません。また、好評なことから残り座席もわずかです。ご興味を持たれた方はお問い合わせを頂けるとスムーズとのことです。

IMG 7107

問い合わせ・予約

  • 070-6562-4480(担当 遠藤)
  • teambiscoあっとyahoo.co.jp “あっと”を@に置き換えてください。

IMG 7110

かるめ屋 番外公演 『カスタネット中毒』 全6公演

  • 終了 8月29日(木)20時
  • 終了 8月30日(金)15時、20時
  • 8月31日(土)15時、20時
  • 9月1日(日)15時
  • 受付開始、開場は開演の30分前です。
  • 料金 2500円 (1ドリンク付き)
  • 上演時間 約50分

R0023282

会場

下北沢亭ステージカフェ

  • 東京都世田谷区代沢 5−29−9 2F
  • 下北沢駅より 徒歩 約 5分

IMG 7088

スタッフ

脚本 古田温彦(古田工務店)

演出 釜田純子

出演

  • 遠藤童子
  • 今泉いつか
  • 大迫健司
  • 柳カナエ
  • 済賀未央

No Second life

カスタネット中毒を観るキッカケは、No Second Life 立花さんの「人生を劇的に変える!」ワークショップでの出会いでした。出演されている大迫さんとはこのワークショップでお互いに刺激を受け、考えたなかまです。

彼は天才!と感じたエピソードがあります。ワークショップの中で、真っ白なスケッチブックに自分のミッションステートメントを元にした気持ちを描く課題がありました。その時、私はいろいろ説明的な絵を書いたのですが、彼は違いました。

真っ白なキャンパスに線が一本!これで表現していました。この気持ちの表現には参りました。身震いしました。

あなたの心にある白いキャンパスに線を引く素晴らしい演劇を体験してください。

大迫健司さんのブログ

ラフ描きBaby!!

この記事を書いた人