キヤノン 新型 EF50mm F1.8 IS USM の噂をカメラ屋さんから聞いたよ!

画像引用:キヤノン:EF50mm F1.8 II|概要

先日、カメラ屋さんでレンズの相談をしていたときに「EF50mm F1.8 2型」のモデルチェンジの話題を教えてもらいました。

まだ、何も決まっていないし、あくまで、かも知れない。レベルですよ

こう前置きがあって、

「USM」と「IS」機能が追加になった新型の50mm F1.8が登場するかもですよ。

価格についてはわかりませんでした。ただ、今のモデルの価格でUSMとIS機能が提供するとは思えません。大幅に値段が上がるかもです。

モデルの位置づけが変わる?

このモデルのポジションであった”低価格 標準レンズ”は EF40mm F2.8 STM になり、新型は50mm F1.4に変わる位置づけとなるかもしれませんね。

現行のレンズは1990年発売、コストパフォーマンスに優れ、描写がすばらしいレンズです。焦点距離 50 mm、APSセンサーなら80 mmになり、F値 1.8と明るいレンズです。

発売から24年。高画質化の進むデジタルカメラにあわせる必要もあるはず。

USM・IS以上にデジタルカメラへ対応する技術が導入されないか?

表立っては「USM化」と「IS」機能の追加が注目の的になるかと。しかし2000万画素を超えたデジタルカメラへ対応には新しい『レンズコート技術』が必要となってくると思います。

ニコンさんのサイトではレンズコートの重要性が説明されています。

なので、キヤノンさんもコートについて検討しているハズ。去年(記事執筆時)の2012年8月に話題になっているのがこれです。

期待してもいいかなって思いますよね。

標準レンズが熱い!

シグマさんの努力によって標準レンズが熱い!状況です。

魅力あるレンズの登場はうれしいです。

こちらの記事によると、もしかすると 1月ラスベガスで開催されるCES 2014か、2月に横浜で開催されるCP+ 2014で出会えそうです。

この記事を書いた人