【Mac】Command キー+ M キー 最小化 ショートカットを無効にする

Macのショートカットキーで、間違って押して、作業効率を著しく損なってしまうのが、このCommand キー+ M キー の 最小化 ショートカット。

これを無効化する方法です。

アプリ不要で、Macのシステム環境設定で変更できます。

MojaveでもOKなのを確認済みです。

## システム環境設定のキーボード

システム環境設定のキーボードを開きます。

開いたウインドウの「ショートカット」タブにして、左のメニュー「アプリケーション」をクリックします。

ここに、最小化のショートカットキーが、ありませんが、ディフォルトのショートカットキーは、ここに表示されないからです。

ここに、無効にしたい 憎き 最小化 ショートカットの違うキー組み合わせを登録すると、ディフォルトのCommand キー+ M キー を無効にできます。

その状態で、「プラス」アイコンをクリックすると、ショートカットキーの設定が追加できます。

下の写真のように、

  • しまう
  • 最小化
  • Minimize
  • ウインドウ->しまう

これら4つのショートカットキーを登録します。

shift + Command キー+ M キー

に設定すれば、間違って押すことも無いので、okです。

なお、ウィンドウでなくウインドウであることに注意。理由はこちらのページで、ウインドウと書かれているから。(コピペしてもらうと良いです)

右のCommand キーを押したときに、M キー も押してしまって、ウインドウが最小化されて、ああああっ、となっているときに試してください。

この記事を書いた人