【Hazel】Mac デスクトップ スクリーンショット ファイルを溜めず 日付ごとに自動処理 アプリ

Macのスクリーンショットファイルは、デスクトップに保存されます。

自動的に、日付でフォルダを分けて分類できるのが、アプリの「Hazel」です。

デスクトップに保存したスクリーンショットファイルのうち、前日までのファイル

  • 書類フォルダの中に作った「スクリーンショット保存」フォルダに移動し
  • 日付ごとにファイルを整理する

という流れを自動で、アプリがやってくれます。

なお、前日までの指定をしないと、スクリーンショットを行った瞬間に、整理フォルダに移動しちゃうので、ファイル作成した当日は除外する条件を設定しています。

(クリックすると拡大表示します)

デスクトップフォルダに対して、上の通りの条件を設定しました。

「if」部分が、スクリーンショットのファイルのみを選ぶ部分です。

  • Data Added で is before の Today として、今日以外のファイルに、まず絞って
  • ファイル名に スクリーンショット を含む、拡張子が png ファイルを選んでいます。

「Do」部分が、実際の処理部分となり、

  • Move で指定したフォルダに移動し、
  • その後、ファイル作成日のサブフォルダに、入れる

処理をしています。移動した後にサブフォルダへ入れる処理になっているのが、ポイントです。

エクスポートした設定ファイルのリンクを↓に置いておきます。

設定ZIPファイル(desktop_mono96_20190918.hazelrules)

下は、私のMacで愛用しているアクセサリー。

この記事を書いた人