[日刊 20131123 Vol.143] いままでの収穫から次に進む

今日は新嘗祭(勤労感謝の日)です。頑張って活動してきたことから、次に繋がる動きを得つつあると感じる日でした。そんな思いをfacebookに綴りました。

いままではこんな流れがあったことに気づかなかっただろうし、気づいたとしてもその流れに負けて流されていたと思う。

でも、その時に自分に嘘をつかず、行動に対して視線を保っていく、そして、いつも自分に問いかけることは出来るようになったと思う。

35歳を超えて37歳ですが、歳に関係なく学ぶことはできると思う。その気されあれば。

そう感じれるだけでも『劇的に』変わったとおもって、自分をプラスに評価するのがいいと『劇的に』気持ちも変わった。

そう思う。『まだ足りない』と思慮することと、慌てて自分を見失うことの差は大きいと。

この記事を書いた人