Povo 2.0 回線 eSIMに変更 PovoアプリからSIM再発行の手続きが必要

物理SIM派だったけど、そろそろeSIMも使ってみようと思った。ただ、メイン回線でトラブルに出会うと、2ファクタ認証でSMSのPINコードを使っているサービスもあって、なかなか変更するのも億劫だった。iPhoneは物理SIMは1スロットだけど、eSIMにすると、ディアルSIM運用ができる。

ということで、Povo 2.0 回線の物理SIMをeSIMへ変更した。実際は、免許証の認証などの手続きが必要になるものの、アプリの案内に従っていけば、迷うことなく手続きできて、しかもオンラインで全ての手続きが完結する。

iPhoneのiOSの機能で、物理SIMをeSIMに移行できるような画面が表示されるが、この機能でeSIM化はできなかった。

Povo 2.0 アプリから、SIM再発行手続きを行い、免許証などの身分確認手続きも行い、審査となって、1時間ちょっとで、eSIMが発行された。Povo 2.0アプリからeSIMの有効化とインストールを行なって、問題なく回線が元通りに使えるようになった。そして同時に物理SIMが無効になった。

メイン回線なので、ドキドキでのeSIM化だったが、Povo 2.0アプリの案内に従って手続きとインストールを行うと、スムースに、しかも、全てオンラインでの手続きで家から一歩も出ることなく行えた。物理SIMと違い、SIMカードが届くのを待つ必要もなく、即日に回線が開通しメリットも大きいと感じた。