Sixcoreをサーバーに選択しているのは”速さ”だけでなく「バックアップ」の充実が理由です!

ものくろぼっくすはレンタルサーバーの上で動いています。ブログで情報を発信する上で縁の下の力持ちです。

レンタルサーバーはSixcoreを利用しています。

アクセスに強い・WordPressの表示速度が速い!ということで人気です。自分もそんな感じで選びました。約1年半ほど使ってみて、もっと大きな安心感があったということをご紹介します。

充実のバックアップ体制

バックアップが充実していることです。サーバーのハードディスクはミラーリング構成なので、万が一にもハードディスクのトラブルがあった時も安心です。Sixcoreがすごいのはこれではないんです。

ミラーリングの場合、ものくろ が操作ミスでデータを全部消したら、消えます。はい。残念。phpMyadminでクリックすれば全部 綺麗さっぱり。冒険を始めから。

ところが Sixcoreのサーバーは違うんですよ。奥さん。

1日1回、バックアップ専用サーバーに自動でコピーしており、全サーバープランとも過去7日間分のデータを保持しています。

1日1回 だいたい深夜から早朝のタイミングで、他のハードディスクにバックアップデータをコピーしています。

7日間分のデータを保持

この一日1回のバックアップを7日分、保管しています。なので、先ほどのような誤操作でデータを消しても、前日..か、前々日のデータがあるのです。つまり7種類のバックアップデータがあるわけです。Macのタイムマシーンのようなイメージです。

このサービスの特徴は”困った時に負担”するのも特徴です。

データを依頼した時に手数料を支払うのみ 明朗会計

データのバックアップを保管する日々の費用は不要です。万が一、消えた!困った!場合にデータ復旧を依頼するのですが、この時にデータ提供費用を負担する料金体制です。明朗会計!

  • サーバー領域データ:10,500円(指定日のWeb・メールデータ)
  • MySQLデータベース:5,250円(指定日の特定のデータベース1つ)

注意点としてデータベースは1つです。Sixcoreは5つまでデータベースが作成できます。そのどれか1つを復旧するのに5,250円ということですね。

バックアップの稼働状況はいつでも確認できます。

サーバー管理ツール上の[サーバー情報]⇒[バックアップ状況]からご確認が可能です。

管理ツールにログインすれば、いつでもバックアップ動作状況を確認できます。

こんな感じです。

DropShadow ~ スクリーンショット 2013 12 19 22 51 08

オールグリーン。

Sixcore ”全プラン”にて、このバックアップ機能は提供されています。詳しくはこちらのページに情報があります。ご覧ください。

バックアップ/マルチドメイン対応高コストパフォーマンス 共有レンタルサーバー シックスコア(sixcore)

シックスコアでは、サーバ設備の故障その他トラブルに備えて、2台のハードディスクに同じデータを同時に書き込むRAID1によるリアルタイムでの全データコピー(ミラーリング)を行うと共に、サーバー上のデータ …


Sixcoreはちょっと費用が...なら、XSERVERを選択肢にいかがでしょうか?

エックスサーバーも同じバックアップを全プランにて、提供されています。詳しくはこちらをご覧ください。

バックアップ | レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

エックスサーバーでは、サーバ設備の故障その他トラブルに備えて、2台のハードディスクに同じデータを同時に書き込むRAID1によるリアルタイムでの全データコピー(ミラーリング)を行うと共に、サーバー上のデ …


関連記事

この記事を書いた人