[日刊 2014-02-12] 全部で20 kgを超えていた。東京7日間の滞在荷物

  • ブックマーク

2014年2月6日から12日までの”7日間”東京滞在から帰宅しました。家より、カプセルホテルの方がお風呂が大きく、しかもサウナがあって、朝も入れるっていうことで、快適な日々を過ごしました。

【カプセルホテル】東京6泊 一日3000円で寝床を確保する方法

暖房も使えますから。

その7日間の滞在に持っていった荷物

キャリーバック + ビジネスブリーフバック + カメラバックでした。

どれくらい重いのか?帰宅してから計ったら、どっと疲れが出ました。笑

それぐらい重かったんです。

先ずはキャリーバック

収納力はありますが、これ自体が4kgと重い製品。軽いのを買うって言ってなかったけ?なんですが、まー気のせいです。

服より、キーボード(HHKBとappleのコードレスキーボードの2つ)が入っています。モバイルバッテリーとAアダプタなどを中心とした荷物です。

ワンコイン(500円)で超快適に!HHKBにGoodな3つのアイテムHHKB Professional JP Type-S

IMG 0278

堂々のなんと12kg

そりゃ重い。

あっそうだ、折りたたみ傘も入っています。

IMG 0282

TUMIの鞄

写真が駄目駄目なんですが、TUMIの鞄。MacBookAir、iPadAir、iPhone 2台、Galaxy noteなどテンコモリ。

IMG 0280

TUMIの鞄に入る荷物の量はどれくらい?実際に使ったからわかったこと

5.6kg

予想以上に重かったんですね。

IMG 0281

カメラバック。

EOS 40D(縦位置バッテリーグリップ付)やGR4とバッテリー

IMG 0279

3kg

ありゃーこれまた重い。

IMG 0284

総合計 20 kg 越え

でも、何とかなったのは、キャリーバックが持ちやすいのが一つの理由。

もう一つの理由は 肩に当たる場所にクッショッンを着けています。これを着けると荷物の重さが半分に感じる凄い製品です。

鞄の重さを感じない!肩当てパッド。どんな鞄も半分の重さに、通勤の負担も軽くなる!凄いアイテム

もうちょっと荷物を吟味しないと…そう感じます。

Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人