【開封の儀】Topre REALFORCE -all 30g モデル-(108UDK SJ38C0)

キーボードを買ってストレス発散しました。以前から”気になって気になって”仕方なかった『東プレ REALFORCE』

通常モデルならHHKB PRO(type-s)を使っており、中身は同じなのですが、東プレさんのラインナップはさすがです。押下圧(キーを押す重さ) 30g のめっちゃ軽いモデルがあります。

軽い。とにかく軽い 30g

通常モデルは中央のキーが45g 小指が30gに設定されています。HHKB PROはどのモデルも45gです。これでも一般的なキーボードと比べると「軽い」部類になります。

今回 購入した『SJ38C0』モデルは全てのキーが 30g のブラックモデルです。45gを基準とすると33%の軽さ、30gを基準とするとHHKBの45gは1.5倍の重さとなります。使い始めた時点の感覚は”指を置いたら”入力されるなぁという、変態スペシャリスト向けのめっちゃ軽い仕様です。

ちなみに ものくろ はスペシャリストではなく、キーボードマニアです。

親指と同時打鍵の操作が特徴の”親指シフト”です。軽いと流れるようにタイピング出来るだろうなぁって、恋い焦がれていました。

勢いで購入しましたので、先ずは開封の儀を。使用感はもうちょっと使ってみないと、感じています。

これって業務用?

とても小売向け商品とは思えないパッケージです。

無地のダンボールに商品シール。以上。

DPP 0

裏です。裏です。以上。潔すぎ。無印良品すぎる。

DPP 2

シールは『仕様表』であって、『商品を売り込むような紹介』は無しです。硬派。 DPP 1

ビニールに包まれたブラックのキーがどーん。接続はUSBです。

DPP 4

本体以外は”A4一枚の説明書・保証書”

本体以外は『説明書・保証書のA4 1枚』のみです。かっこいいです。説明書より『快適なキーボード操作のために』という文章が多いのが、素晴らしいですね。

R0026226

きちんと使えば、快適な入力が出来る製品なので、使い方・姿勢に心配りと実践をして欲しいという内容でした。

特徴なのが、キーボード本体が重いんです。なんと 1.4kg!

MacBookAirよりもレッツノートよりも重いのです。これは本体の強度を保つためだそうです。本体がガッシリしていないと、快適なタイピングができないという思想らしいです。

これって工業用加工機の思想です。価格以上の価値ありっというファーストインプレッションです。

慣らし運転が必要なのかも

タイピングしていると『慣らし運転(エージング)』が必要なのかもと感じます。キーが”こなれていない”印象なのです。

30g のタッチは本当に軽く、親指シフト同時打鍵と相性抜群です。すらすらタイピング出来ています。万年筆で書くような気持ちよさです。

もっと使い込んで、レポートしたいと思います。

東プレ Realforce108UDK 静電容量無接点USBキーボード 日本語108キーかななし 昇華印刷 墨モデル Nキーロールオーバー キー荷重ALL30g ブラック SJ38C0
東プレ Realforce108UDK 静電容量無接点USBキーボード 日本語108キーかななし 昇華印刷 墨モデル Nキーロールオーバー キー荷重ALL30g ブラック SJ38C0

posted with amazlet at 14.02.17
東プレ (2010-04-23)
売り上げランキング: 3,363

この記事を書いた人