フォントの話 モリサワ ヒラギノ MS明朝・ゴシック

FedEx kinkos’sのセルフパソコンでモリサワフォントが利用できる。これを使うと素晴らしいと書いた。
どういうことか?少し説明を。

 

フォントとは

フォントを意識することは多くあるだろう。明朝体かゴシック体か丸ゴシックか?表一番適した表現が出来るのはどれか、良く悩むと思おう、少なくとも自分は良く悩む。明朝にもいろいろと種類がある。windowsPCなら、ほとんどMS明朝かメイリオを選ぶと思う。よく、Macの方が文字フォントが美しいと指摘される。これはフォントが原因。そう、美しい書体、読みやすい書体、心に訴えかける何かを持つ書体がモリサワフォントだ。そんなに違うのか?と、思われるだろう。

比べてみる

実際にいくつか、MS明朝・メイリオ、ヒラギノ、モリサワを比べてみる。

例文)
人はずっと昔から、言葉を話し、文字を使うことによって自分が得た知識や考えを他人に伝えてきました。 とくに文字は、時間や場所を超える情報の伝達手段として発展してきたのです。

People have been informed the knowledge and ideas to the others by speaking languages, using letters since early times. Especially letters have been expanded as methods of communication beyond time and place.

メイリオ・MSゴシック・MS明朝

ヒラギノ ファミリー

モリサワファミリー

違いがわかると思う。印象がここまで変わるのだ。フォントの違いだけなのに。逆に、同じ内容でも、フォントの選び方で良くも悪くもなる場合が多い。せっかく考えて書いた文章。フォントの使い方を誤って、魅力を減らすことは無いと考えている。

メイリオ

Windows Vista のシステム用フォントとして開発。画面上で見ても印刷しても極めて明瞭で読みやすい、その明瞭に基づき、メイリオと名付けられた。デザインは、欧文部(ラテン文字)をマシュー・カーターが担当し和文部(漢字・仮名)を河野英一・シーアンドジイが担当した。ClearType技術による全サイズのフォント描画を実現した。

タイプデザイン賞:河野英一+シーアンドジイ(坂本 達、鈴木竹治、植田由紀子)+マシュー・カーター 

 

MSゴシック・MS明朝(メイリオ採用前のwindows標準フォント)

日本語Windowsの標準搭載フォント。開発はリコー。 Windows 3.1で初めて採用された日本語のTrueTypeフォント。 日本語のTrueTypeフォントがなく、ディスプレイの解像度が低く、小さな画面で、いかに小さい文字まできれいに表示させるか、リコーが米国マイクロソフトと共同で試行錯誤し開発。
「MSゴシック」、「MS明朝」についてのお話 リコー 

ヒラギノフォント

Mac OS X には、ヒラギノ書体シリーズのうち以下のサブセットが標準でバンドル。

  • ヒラギノ明朝 Pro W3/W6
  • ヒラギノ角ゴ Pro W3/W6
  • ヒラギノ角ゴ Std W8
  • ヒラギノ丸ゴ Pro W4

Windowsと比べると、美しい文字フォントでの表現を実現している。(ライセンスを購入すれば、windowsでも利用できる。また、一太郎2012承プレミアムに搭載。)

大日本スクリーンのオリジナルフォント「千都フォントライブラリー」として、 字游工房(じゆうこうぼう)により統一したデザインポリシーのもとに開発された書体。Mac OS XおよびiOSでは標準搭載され、事実上の標準日本語フォント。採用には、ジョブズの強い意向があった様子。

名は京都市北区の地名である柊野(ひらぎの)に由来する。特徴は、文字のデザインだけでなく、文章として配列された時のバランスや、デザインの統一性を持ったゴシック体や明朝体より、美しく品位ある日本語の表示・印刷が可能。また、最近は、高速道路の案内標識に使われている

モリサワフォント

 印刷・出版業界におけるPostScriptフォント第1位の市場シェア。日本語書体の基準となっている。つまり、出版・印刷つまり書籍などで、一番よく見るフォント。(教科書にも採用されているバージョンがある。)とても美しい。しかし、パソコンの初めから入っているフォントセットには含まれておらず、使うにはとても高価なライセンス契約が必要。プロ以外の人が購入することはまず無く、プロの仕事か素人の仕事か、一目でわかってしまう原因の一つ。普段の印刷物にはモリサワが使われているのに、メイリオじゃ、役者が違うっとなってしまう。

モリサワ

まとめ

フォントによって、読みやすさだけでなく、美しく感じる文章、そして、心に訴えかける力を持たせるか、失わせてしまうか、大きな違いになる。この点をもう一度見直すと、それだけで、文章が見違えるほど読みやすくなることが多い。同じWebサイトをWidowsメイリオで見るのと、Macのヒラギノで見ると、全く印象が違うことがその証拠だろう。

おいしいコーヒーをいれるコツ

Windows

mac

そう表現力が必要な場合はフォントの持っている力を良く理解していく必要がある。Macでは美しいヒラギノが使える。しかし、さらにもう一歩すすむと、素晴らしい世界がある、それがモリサワフォント。

最後に、フォントは大切な文化と、私は思っている。

フォントについてもっと知りたい方はこちら>『嘘じゃない、フォントの話』 

この記事を書いた人