封筒印刷をFedEx kinko’s(キンコーズ)に注文する、イラストレーターデータの作り方。

データ作成編です。

日曜ユーザーだから。

こちらの記事、封筒印刷をFedEx kinko‘sに注文してみた。のため、イラストレーターにてデータを作った。イラストレータを普段から使っている人には「基本だろ」と、お叱りになるとは思おう。日曜ドライバー、ならぬ、日曜アドビユーザー。つぎに同じ事をやるときにも、きれいに忘れているだろう。

やり方を覚え書きにしておく。

イラストレーター値段が高い、でも使いたい。

イラストレーター、高価すぎるが、記事のように封筒印刷にはデザインを調整しやすい。手頃な価格で、何とかならないのか。と、思うのは当然だろう。そんな時にも、キンコーズ。セルフレンタルパソコンに、 Illustrator, Photoshop, Indesign, Acrobatがインストール済。

これを活用すれば、初めの一時間、1312円で利用できる。もちろん、ソフトは使える。利用しない手は無い。ただし、使い方は教えてもらえないので、自分自身でがんばれる人のみになる。

長3サイズ

長3のサイズは120 mm×235 mm A4用紙が三つ折で入る大きさ。封入口が短い辺にある。(長い辺にあるのは洋形長3号)定形郵便物の最大のサイズ。

実際に作業開始。

今回は、1色刷なのでデータを黒一色で作成する。

長3 のアートボードを作成。

ファイル ー 新規作成をクリック。

  • 新規ドキュメントウインドウの「幅」に120、「高さ」に235を入力。(単位はミリメートルのまま、変更しない。)
  • 裁つ落としが初め3 mmになっていて、迷った。確認したら、0 mm(つまり無し)が正解。天・地・左・右、すべてを0 mmにする。
  • 名前を、適当に決める。(ここでは、naga3)

OKボタンをクリック。

アートボードが表示される。

今回、作りたい内容は以下の通り。この内容は適時変更してください。
BOX of Pictures
monochrome-photo & BOCHIBOCHI diary
https://mono96.jp
Phone 0X0-XXXX-XXXX Fax 0X0-XXXX-XXXX

ここで、上二つの名前に相当するところ、住所になるURL、連絡先の 電話・fax番号、これら3つを分けて、文字ツールにて貼り付ける。これは、デザインを調整しやすくするため。

文字ツール選択のまま、続けて貼り付けると1つのオブジェクトになる。面倒だが、一回ずつ選択ツールを一度クリック、そして文字ツールをクリックする。

フォントを決める。

あとからも変更できるが、フォントを変えると、レイアウトが変わる。レイアウト作業前に、イメージ合うフォントを選ぶ。

また、フォントは統一して1つの方が綺麗に見えることが多い。フォントを2つ以上使って、綺麗に作るのはかなりのセンスを要求される。今回は、「小塚ゴシック Pro」 を選んだ。

作成前に考えていたイメージへ配置する。

ここで、位置決めのコツを2つ。

封筒の横方向中央に配置する方法

  • メニューのウィンドウ 整列 をクリック。
  • 整列ウィンドウの右端、整列をクリック。”アートボードに整列”をクリック。 配置したオブジェクトを選び(青い線が表示される)。
  • オブジェクトの整列 – ”水平方向中央に整列” をクリック。

これで、横方向水平に配置される。

では縦方向は?縦の中央は同じ方法で配置できる。しかし、今回はもっと下に配置したい。

この場合、補助線を使うと楽だ。

  • 直線ツールで、どこでも良いので直線をひとつ書く。
  • 封筒を4分割するならば、コピーして5本にする。
  • この5つの直線オブジェクトを選択し、整列ウィンドウの”等間隔に分布”をクリックする。

もう1つ、直線をコピーする。すると、写真のようになる。

ここで、一番下のところだけ、さらに分割するには、

  • 上の写真のようになる。整列ウィンドウの右端、”整列”をクリック。”選択範囲に整列”をクリック。(アートボードから変更する。)
  • 下の3本の直線オブジェクトを選択する。”等間隔にに分布”をクリックする。

この線を基準にする。そして、文字フォントサイズをデザインに合わせて、変更、配置する。 今回は、URLを中心に配置し、基準として作成した。

配置完了したのがこれ。

デザインできあがれば、補助に使った直線オブジェクトは削除。

アウトライン化

今のままだと、フォントデータを持っていないパソコンでは、文字化けが起こってしまう。それを防ぐために、文字データを画像データに変換する、それが「アウトライン化」。

作業前に、別ファイル名にてバックアップデータを作成しておくことをお勧めする。

  • 文字オブジェクトをすべて選択。
  • メニューの書式-アウトラインをクリック。

これで、アウトライン化されたデータができあがる。


あとは、わくわくしながらキンコーズのお店に行けばOKだ。

講座 開催予定

この記事を書いた人