SSL(https)化した時に個別記事ページのCSSが適応されずレイアウトが崩れるトラブルの解決法-WordPressさくらインターネットの事例-

  • ブックマーク

WordPressで構築したブログをSSLへ対応し、httpsに移行した時に、トップページは問題なく表示されるのに、個別の記事では「CSS(スタイルシート)が適応されずレイアウトが崩れる」トラブルと出会った場合の解決方法です。

トラブル発生の環境

さくらインターネットさんのラピッドSSLを契約して、SSL(https)接続にてWordPressサイトを動作させた場合に、下の解決方法の設定を行わないと、CSSのパスが「http」となります。

解決するには

wp-config.phpに下のコードを追記します。

これで解決できます。

どうしてこんなことが起きるのか?

さくらインターネットさんのレンタルサーバーの仕様のため、ラピッドSSLの場合は、SSLでの接続であることを明示していない場合は、WordPressがSSL接続と判定せずに、http接続と判断してしまい、その結果、CSSのアドレスが http:// となり、CSSが適応されない(レイアウト崩れの)トラブルが発生します。

解決に役立った参考記事

解決するのに役立った参考記事はこちらです。感謝、ありがとうございます。

0

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

テストテスト