室外機「風除け」ルーバーを購入、ワンルームマンションの狭いベランダで風向きを変えて快適にするために

  • ブックマーク

自宅はワンルームマンションです。小さいながらもベランダがあります。

狭いベランダのスペースを有効に使いたいのですが、大きな問題がありましたが、この製品を購入して解決しました。

エアコン室外機の置き方がベランダの中心を向いており、エアコンを動かすと室外機からの風がベランダを横断します。

ベランダに緑のある景色が好きで植木を置きたいのですが、その風が直撃して大きなダメージを受け、枯れてしまいます。

色々探した結果、風向きを変えるルーバーを室外機に後から取り付けできる製品を購入しました。どうしようか?と考えた当初は、こんな製品があるとは思わず、様々な室外機のルーバー付きのカバーを探したり、様々な製品を検討しました。

例えば、こんな製品です。

この室外機のルーバー付きカバーを、ショッピングカートに入れて住所を入力するところで気づいたのが、サイズ的に、自宅のベランダだと、サイズが合わず置けないことに気づきました。買ってからでなくてよかったです。

室外機が設置されているベランダの部分は、出入り口のサッシがあり、ただでさえ狭いベランダですが、さらに狭くなっています。

ほとんどの室外機カバーは横幅 90cm以上のサイズです。ところが、メジャーで測ってみると、ベランダのスペースは86cmしかありません。4cm 足りず置けません。

探していくと、幅が狭目の室外機カバー(下のリンク)を見つけましたが、90cmのLタイプは在庫ありですが、お目当の86cmのタイプSは納期が未定でして再入荷の予定もわからない状態でして断念しました。

ああっベランダに植木を置くのはダメかもと、諦めかけたのですが、室外機に直接風向きを変えるルーバーを取り付けれるのでは?と閃きました。道路に面しているエアコン室外機を街中を歩いて見つけて気づきました。

探せばあるものでして、エアコンのメーカーを問わず、後付けでしかもネジを使わずに、風向きを変えるルーバーを取り付けできる製品を見つけました。それがこちらです。

サイズは、M と L の2種類がありましたが、商品案内ページに書いてある寸法と、エアコンの室外機のサイズをメジャーで測り、室外機のファン直径がちょうど46 cm でしたので、M モデルを選択しました。

代引きの宅配便で注文しました。届くのが楽しみです。続く。

オンラインで受講できます

ぜひ、この機会に。

直接、人と会いにくい状況が続いています。

そんな中、あなたを知りたい!という人はたくさんいます。

じゃ?どうやって?

発信するパーソナルメディアを、ブログで作りましょう。

あなたが、元々持っている、スキル・知識・価値を伝えると、人生が変わります。

オンライン 4Days 【WordPressブログ】スタートアップ講座 -第2期- 開催決定!

●休日開催コース

5月30日(土)・31日(日)・6月6日(土)・7日(日)

19時30分から21時30分(2時間)

もしくは

●平日開催コース

6月1日(月)・2日(火)・8日(月)・9日(火)

19時30分から21時30分(2時間)

例えば、5月30日(土)と6月1日(月)は、同じ内容です。

2つのコースから、

自由に組み合わせていただけます。

お申し込みのチケットは、

1日目を、

休日コース 5月30日(土)でスタート

or

平日コース 6月1日(月)でスタート

どちらなのかをお選びください。

2日目以降は、1日目 受講時にご確認いたします。

詳細とお申し込みはこちら

  • ブックマーク

この記事を書いた人