PDFをWord ファイルに変換。日本語もOK。オンラインサービス Convert PDF to Word (DOC) – 100% Free!

PDFからWordに変換するオンラインサービス

これら3つ記事(保育園挨拶、入園式運動会卒園式)をWordファイルに変換するのに、オンラインサービス 「 Convert PDF to Word (DOC) – 100% Free!」を使った。

変換ファイルは下のダウンロードリンクに活用した。
保育園・幼稚園 入園式・卒園式・運動会 挨拶 :Word・Pages ファイル:ダウンロードページ 

詳しい使い方をまとめた。

このサービスはWebページへ変換元のPDFファイルをアップデートし、メールアドレスを入力すると、変換されたWordファイルが添付されたメールが返信されてる。

  1. Convert PDF to Wordのページを開く
  2. PDFファイルをアップデート
  3. メールアドレスを記入
  4. 「Convert to Word」をクリック。
  5. Wordファイルが添付されたメールを受信(3分ぐらい待った)

たったこれだけで変換される。とても簡単に変換できた。

初めて使って戸惑う点は、メールが返ってくるまで、3分から5分ぐらいのタイムラグがあることぐらいだろうか。

ファイル名は英数字する必要があるが、日本語で書かれたPDFファイルも文字化けすることなく変換できた。一部スペースなど再調整した方がよい部分もあったが変換結果は満足できるものだった。WordファイルをMac iWorksのPages09でも開いてみた。フォントが見つからないから、変わりのフォントを指定する注意が表示されたが、文字化けもなく使える変換結果だった。

これらの変換ファイルは、こちらのページに使っている。

もともとのデータはTeXファイルだった。TeXからWordに変換したかったが簡単にできる方法を見つけられなかった。PDFファイルで橋渡しすれば、Wordファイルに簡単に変換できたので助かった。

TeX>PDF>このオンラインサービス>Wordへ変換できた。

TeXからWordファイルへの変換にも活用できる。便利なオンラインサービスだ。

Primo PDFを開発しているNitro PDF softwareがこのサービスを提供している。Excelに変換するサービスも提供してくれている。「PDF to Excel Converter — 100% Free

毎日のように変換が必要ならば、Adobe Acrobat X Pro Windows版 の「 PDFをWordまたはExcelに変換 」機能を使うのがよいだろう。ただ、ソフトが高価なのが難点だ。

この「Nitro PDF」を試してはいかがだろうか?。英語版なのが弱点だが、英語のメニューに抵抗がない方には便利なソフトだろう。14日間試用できるから、まずは使ってみてから考えても良いだろう。変換ファイルが添付されているメール案内から購入ページに行くと「20% OFF」のディスカウントを受けられる。Acrobato X Proと比べて、1/5の価格になる約10,000円で購入できる。

変換結果

気になる変換結果は以下の通り。

変換元PDF

変換後 Word

レイアウトが少し違った結果だが、手直しは簡単だった。